2018年2月12日 GSX240E外装スワップ GS400仕様 

男はKAWASAKIって思ってバイクはカワサキ車しか興味が無かった。(RZは別)

スズキ車なんか今回譲ってもらわなかったら一生乗る事は無かったけど、乗ってみてスズキ車の良さが分かった。
30年も前のバイクの癖にエンジンからのメカノイズも無い。
エンジン音は4気筒車と比べると2気筒の鼓動感というのか躍動感があり、いざ乗ってみると4気筒のように
キレイに回るのでは無くて、低回転時はモリモリ、高回転になるにつれてグワーッからブワーッ!と気持ちよく吹け上がる。
全然スピードは出ていなくてもバイク乗ってるっていう臨場感?一定速でも気持ちよく走る事ができます。

大は小を兼ねる。バイクの排気量もそう思って1100ccと大排気量のバイクにの乗っていましたが、
20年ぶりに4スト250ccに乗ってみて一言 「ちょうどいい!」
サイズ感、軽さ、街乗りで全開まで使い切れるエンジン

1100ccを車庫から出す際には、スロープをしっかり固定してブレーキかけながら倒さないようにゆっくり慎重に
出さなければらず、少しでも傾くようなら自身の持っているフルパワーで250kgのバイクを支えなければならりません。
正直めんどくさくて年に数回しか出す事はありませんでした。

250ccは1100ccからしたら自転車みたいなもんで、バイクにまたがりながらならスイ~っと車庫から出す事ができます。
ちょっとの買い物ならフラっとバイクで行こうかな?って思えちゃう。

そんなおもちゃを手に入れてしまい、バイクいじりが楽しくて毎日バイクで遊んでます(笑)

私のバイクは1982年から販売された通称ゴキ
detail02_b[1]

その2年前に販売されたのは通称ザリ
その前、1976年~1980年に販売されたバイクでGS400ってカッコイイバイクがあります。
一応同じGS系譜?
1978_GS400_450[1]

GS400外装スワップ GS400外装取り付け GS400外装をゴキに ゴキにGS外装 ゴキにGS400 GSX250EにGS400
なんてネットで調べるとゴキにGS400の外装を取り付けたい、または取り付けている人がたくさんいる。

軽い加工で外装が着くtって言っている人、溶接が必要って言う人、全く着かないって言っている人などイロイロ・・・
着くなら是非つけてみたい!
当たって砕けろって事で早速安いGS400のタンクをGETして挑戦してみました。
タンク到着して見てびっくり!ボロい!塗装がバリバリ剥がれちゃう。
金属塗装1級もってるのでモチロン全塗装するつもりだったで塗装はどうでも良かったのですが
手間を考えると塗装ベースでも、もっと程度の良い物にして置けば良かった(笑)

いざ乗せてみるが・・・
全く乗る気がしない。
まず、イグニッションコイルがガッツリ当たってしまい、乗る以前の問題・・・ガックシ。
ネットで見た「ポン着け」のガセネタにイラッとしながら
ビールを飲みながらプラン検討。。。
まず行ったのはイグニッションコイルの移設
左右にあった物をステーを使ってフレーム間の上下に取り付け。
これが、もー何て言うか、最高にビッタシはまってビールがうまい!
プラン検討と買い物、施工(2時間)と2日かかった。
イグニッションコイル移設

フレームには乗ったが全く固定はできていない状態。
とうやらネットで見る族車はタンクを叩いて凹ませて上記の干渉を解消してタンクは針金止めらしい。
これをポン着けと言っているみたい(怖)

純正GS400のガソリンタンクがボルト止めされているのであれば、同様にボルト止めにする事。
それ以外の取り付け方法は見た目、安全性共にGSガソリンタンクが付いたことにはならないと思います。

純正のように取り付けるにはタンク前側のゴムに引っ掛ける箇所の寸法もGSXとGSタンクでは違った(汗)
寸法どころか前後の位置もGSXのフレーム側が前過ぎて全然使い物にならない。
新設する必要がある。
溶接機も免許もあるのですが今後元に戻す事も有るかもしれないので溶接は避けたい。
フレームにタップたててブラケットをポン着けで取り付ける事にした。

この辺りに付けたい
ゴキ6IMG_0480.JPG

逆U字にゴムブッシュを付けたブラケトは試行錯誤し2日かかった。取り付けは1時間。
こちらも想像以上にジャストフィットして美味しいビールが飲めました。

タンクのボルト止めはGSXの固定箇所に取り付けられるようにタンク側にブラケットを取り付け。
前も後ろもしっかり純正通りにつきました。

シートはシートロックを使いたいのでゴキのシートを使用します。
タンクとの隙間はチョット有るけど我慢できるレベル気になったら今後微調整します。

シートカウルもゲットしたのでシートカウルの取り付けは次回。

2018年2月10日 バイクの名義変更

「バイクいるか?」
突然、会社の先輩から連絡がありました。返事は即答「欲しいです」

そんな訳でバイクをGETしました。
ゴキ1IMG_0480.JPG

メーカーはSUZUKI
車種はGSX250E 通称ゴキ

250ccだから車検が無いので自賠責入れば即乗りOK!
早速、遅番の月曜日に早起きして前橋陸運支局へ行き名義変更してきました。

ゼファー1100の廃車もついでにしました。
250ccの名儀変更は簡単
・相手の印鑑
・自分の印鑑
・バイクの書類(コピーでも大丈夫だった)
・自賠責のお金
・自分の住民票

陸運支局内【2】の建物に行って名義変更の書類と税金の書類を書く
書類提出⇒自賠責入って⇒【1】の建物に行って番号札取って順番が来たら提出

ゼファー1100の廃車の方が面倒だった。
【3】の建物で納税の書類買いて、印紙代払って、なんか書類貰って⇒【1】の建物へ
書類買いて提出⇒番号札貰って⇒番号貰って廃車の書類が出来上がり。

慣れてないから合わせて1時間30分位かかった(汗)

とりあえずアップハン20cm絞りハン入れてみた。
乗りやすい
ゴキ2IMG_0480.JPG

2017年12月12日 NEWギア MERRELL

Merrell
Dexterity Tough Mudder

merrell-dexterity-tough-mudder1.jpg
merrell-dexterity-tough-mudder2
merrell-dexterity-tough-mudder3


ドロップ4mmで片足200g以下の軽量シューズ
クッション性も低いのでコレでトレニックワールド行けるかは微妙・・・

安さに負けて買ってしまった。
送料込みで8631円

ベアフット系のシューズが好きなのでINOV-8が良いのだけれど値段が高すぎ!
メレルもベアフット系で定価も安いから足にあったらリピートしちゃうかも。
サイズはUS9 UK8.5 EUR43 27cm
サイズチャートを信じて買ってみたらピッタリだった。
シューズの通販は不安だけど、以外に大丈夫。
ブシドーの時も、今回もサイズピッタリ!

2017年11月17日 ハイエースタイヤ交換 ホワイトリボンタイヤ取り付け

ハイエースの2014年に交換して3年間履いた【NEXEN ROADIAN-HT.OWL(SUV) 215/75R15】がツルツルになってしまいました。
路面のゆがみでハンドルがふら付く程に・・・

同じので良いと思ったのですが、製造中止になっていました。

ホワイトレターで安いのが無かったので、今回はホワイトリボンにしてみました。
【ROYAL BLACK ROYAL PRIME P215/75R15 100T WSW】

ヤフオクで新品 送料込みで30200円 安い!
2017ハイエースタイヤ2

2017ハイエースタイヤ1

取り付けは近所の【EIGHT Garage】
組み換え工賃4本で 6000円(1本1500円)
バルブ4個で 800円(1個200円)
廃タイヤ4本で 1000円(1本250円)
合計 7800円 + 税金で 8300円位だったかな?

今回も40000円で収まった。

2017年11月12日 神流マウンテンラン&ウォーク ロング初参戦 

2017年11月12日
初参戦の神流マウンテンラン&ウォークでした。

2017神流1

昨日40歳になりまして・・・早速40歳+1日目にして、40代 初レースになりました!
12日の今日が誕生日だったら、なんか貰えたらしい。
kannnna2017nenn.jpg

2017神流コース

ハセツネ後イロイロありまして・・・全く走る時間が無かったです。
ハセツネから3週間。走った距離は50km。

気持ちが全くあがらず現実逃避。
封筒も開けたのは2日前・・・
1週間前は、1回も走れず、体の準備も、事前準備も、気持ちの準備も全く無い、ぶっつけ本番な大会になってしまいました。

気持ちが乗らない事からか、昨日の夜から熱っぽい。起きても熱っぽい。とりあえずロキソニンで熱だけ下げました。
ロキソニンが効いて微熱も下がり、何とも無くなりましたが。

ロングのスタートは7時。
3時半に起きて4時に家を出ました。

途中でカップラーメン食べて1時間40分で会場の駐車場に到着。
おにぎり食べながら受付。

参加賞のノースフェイスのTシャツGET!
全く用意してないので微妙に忙しい。

装備は
ノース一式
鏑木さんとお会いする時はサンバイザーを含め全て黒のノース一式で会うようにしています。
何気に覚えて貰っているようなので(笑)

靴はギリギリまでロードシューズで行くか迷ったけどブシドーにしました。
周りを見るとしっかりトレラン装備しているので、ピカピカのピンクのアディダスでは恥ずかしそうでしたので。

テーピングは一切無し!足首無しの大会は多分5年ぶり位じゃないか?
ちょっと不安はあるが、無い物はしょうがない。

エイドもあるし、飲み物は500あれば良いかな?って思ってボトルポーチで十分。
エイドもあるし、ポーチにアミノバイタルとサプリメント入れたらジェルは2個しか入らん。
2個でいいや。

スタート地点では、みんなしっかりザック背負ってるのに、ワタシ・・・なんか軽装。
仲間の「ジェル2個!少なくないですか?」に、なんか不安になっちゃって前田さんにジェル分けて貰いました。スイマセン。
ポーチのポケットじゃない穴に押し込んだ。

スタート!
今回は全くのコースを把握していない。
距離は40km。コース真ん中くらいまでは登り、それから下り基調。これだけ(でも1週間前までは50kmだと思ってた(爆))
↑どんなトレイル大会も「登って⇒下る」大体そうだよね(笑)

体の調子も悪いのでセーブ?
鈍感パワー全開!行けるところまで行ってぶっ潰れる!このプランで行こう。

最初からスゲー速い。3kmのロードついてくのがやっと・・・。

GAROさんに続いて、星野さんに応援をいただきました。
鏑木さんとハイタッチ!「おっ!」って、気づいて貰えたっぽい。

メイン道路から右に入って細い道からのロードの激坂↑

しんどい・・・脚が上がんない。
数人にパスされる。

やっとトレイルに入れてホッとした。
上げ過ぎず下げ過ぎずのペースで走るが、5km位でやっと体の動きが軽くなり楽しい~。
できればぶっ倒れずにゴールしたい。

9km地点 第2エイド
アンパン1つもって、ここから再度激登り、階段は無理しない。行きたい気持ちを抑えてゆっくり踏んだ。
日向スゲー暖かい~。登って来たところを振りかえると景色最高~

上がりきった所で1人の選手とすれ違った。
良く分からない数百mをグルッと周って帰ってくるコースらしい。

折り返し地点にはスタッフが1名とスタンプが置いてある。
通過記録のチェックだとは直感で分かったが、どうするの?
押してくれないの?自分で押すの?どこに押すの?

聞いたら自分でゼッケンに押すらしい。
微妙にロス。

折り返して来たら数名の選手が駆け上がって行った。
数百m後ろには後続選手が迫っている。

10km
激登り後は登った分 下り返す。
激下り。フッカフカのトレイルの激下り。
脚もまだ元気なので、ちょっと楽しい。

下りきってから ここからがやばかった。
こんな事なら下りで脚を使わなければ良かったと後悔した。
ロードの登り~。

せっかく楽しく走る足を残しておいたのに~
ロードの登りなんか走らない理由がないじゃない。

ロードの前に前橋トレラン部の私設エイドがありココで1個ジェル補給
アクエリも1杯いただきました。

準備不足過ぎて、コップが必要なんて知らなかった。
コップで提供されていたので大変助かりました。

1kmのロード。しょうがないから走るよ。
しばらく走っていたらでもここでグルッと周る時にすれ違った選手が落ちてきた。
ず~と200m位前に居て追い付かないし、離されなかったのだが・・・
足元みたらナイキ。ロードメインのランナーだったのかな?
抜くつもりは無かったけどペースが落ちちゃったみたいでパスさせて貰いました。

やっぱりトレイル入るとホッとする。
ロードでは内モモの脚の付け根が張って、攣る?ヤバイかな?って思ったけどトレイル入ったら落ち着いた。
ココまでの距離は何と12km!
マジか~!体感では20km位来たと思っていたのでヤバイと思った。飛ばしすぎた。

ココから2kmは快適なトレイルが続きました。
標高も1000m以上あるので景色もいいしフカフカトレイル。
ホント久しぶりにしっかり走った感じなので楽しい~。

毎日走るのが当たり前。走れるのが当たり前みたいになっていたが、走れなくなって分かる。
トレイル最高!って

なんだよ~またロードに出された。
2kmのロード。さっきより登りがキツイのでもう歩いている位のペースしか上がらない。って良く言うけど、
実際歩いてみると、やっぱり走った方が全然速い。
やっぱりモモの付け根が張る。

ロードはお腹一杯。砂利の林道の方がよっぽどマシ(笑)
2kmの林道もゆっくりながら走れる。

疲れてきちゃってジェルとアミノバイタルを投入。

15km地点を過ぎて更に高度を上げる。
この辺から風も強くなってきて とても寒い!
アホみたいに ボトルポーチなんかで来てしまったので、ウィンドシェルも入れるところが無い。
そのためシェルは持ってきてません(涙)

17km地点 第3エイド
長い林道も飽きた。疲れた。一杯いっぱい。
コースを把握してないので思わず「ここがピークですか?」って聞いてみる。
全っ然まだまだ との回答に ショック をうけつつ開き直れた。

極上トレイル⇒林道⇒極上トレイル⇒林道
天国⇒地獄⇒天国⇒地獄
林道は距離を稼げるから良いんだけどね・・・

私のガーミンで23kmの大会最高地点に到着!
残り15km(公式)ん??ガーミンンの精度ズレがあるので、距離はおおよそです。

ここからはGAROさんに聞いていた激下りがあるって事を・・・
急激に!一気に! 2.5km程で500mを下る.

ここでやられた。
下り中はそんなに気にならなかったが、下りてきてから最悪だった。
脚も使い切ってしまったし、目の前がぐるぐる回っている。

下りの衝撃か?グネグネの繰り返しか?体調不良? 
脳を揺らし過ぎてしまったようで、目が回ってしまい、気を張っていないと真っ直ぐも走れない。

目の前はグルグルグルグル。

27km 第5エイド持倉集落までのロードは本当にキツかった。
最後のジェルを投入。

持倉集落からはエネルギー切れのせいで、ダラ登りも上がれない程になってしまった。
やっぱりジェル2個+1では少な過ぎた。

そしてまた下り・・・
下りがきつい。歩けないので強制的に走らされる。走るから更にキツクなるの悪循環。

下りきって第6エイド
ココでコーラを一口いただきました。
「ココからほぼ下りですよ!」って、いつもなら「よっしゃー!」ってなるかもしれないが、
散々下ってきてクラクラしている時に下りって言われても(笑)
しかもロードだし。
ここのロードで右のモモ外、上の方に痛みが出てきた。
故障とかじゃない疲れから来る痛みのよう。

そして目の前グルグル現象はまだ残っている。

残り5kmとなりエネルギーが効いて来たのか少し走れるようになってきた。
気持ちも大分落ちていたので、歌を歌ってテンションも強制的に上げた。←こんな事した事無いが・・・

選曲は・・・坂本九の「上を向いて歩こう」
なぜその歌だったのかは分からないが、なんとなく覚えているのは、元気な歌を歌うほど元気が無い。
だけど前に進みたいって事だったような気がする。

大会中に歌?恥ずかしくないの?って思います?

今大会なにが最高だって、スタートして5km⇒10kmの間は前後に誰も居ない状態。
そして10kmで、一人抜いたらその後の25kmの間も選手は誰一人見ていない。

そんな孤立した大会だったので選手を気にする事無く、ぞんぶんにトレイルを楽しめた。

しかし、最後の5kmで一人に抜かれた。
この選手はきっと残り5kmの神流の極上トレイルを満喫、全力で疾走する為に体力を温存していたのだと思う。
着いて行こう!なんて思えない程のスピードで一瞬にして見えなくなってしまった。

すぐに孤立して最後まで自分のペースで走れた。

40kmのレース中最初の5kmはしょうがないとしても、残りの35km他の選手に会ったの2人だけ、
2人とも一瞬で離れてしまったので、ほぼ1人で神流のトレイルを満喫できました。得した気分。

ここまで37km
脚は厳しい状態だったが、辛うじて楽しむことができた。

しかし最後の3kmでまた激下り。
ここで完全に脚が終わった。
攣らないで、脚がここまで疲れた事はあまり無い。

ロードに出た!
コースを全く把握してないので、あとどの位走らされるのかが分からないので怖くてたまらない。
もしかしたら再度トレイルに入るかも・・・
終わった脚でもロードの下りなので強制的に走らされる・・・
沿道からの応援もあるので元気を装って走ります。

もしかしたらスタートと同じようにグルッと川の向こう側に回されて、
ロードの登りを登って、スタートする時に渡った歩道の橋を渡らせるのか?

セーブする程 脚は全然残っていない。
99%empty。マジ無理。

メインの通りに出た!あとどれ位だ!
どうやら役場から下りて直ぐにゴールできるっぽい!

よっしゃー!って全く復活はしないが、元気は出てきた。

「あれ?鏑木さん居ないや」って思いながら、そして目の前がグルグルなのでフラフラしながらゴール!
ゴールの時に 「神流最高!」 って言ったよ。
だって途中あったでしょ。鏑木さんのコメントで「神流最高!って言ってゴールして」って。。。

その後しばらく見てたけど言ってる人居ないんですけど・・・(恥)

ゴールしてタグ外して、完走証貰って、ガラガラ回して当たってお菓子GET!
直後 超気持ち悪くて5分フリーズ・・・

仲間に話しかけられるもうまく話せず、
その後もさわやかなお兄さんに「ハセツネでお話しましたよね?」って、実はそのさわやかなお兄さんの枯れ木の杖を見て
俺も!って杖使ったんです。それでオールスポーツに激写ですよ(恥)

少し回復したので車に一旦戻りました。
20分ダウン。寝ころがった瞬間、一気に胃から上がって来るので寝転がれない。

なんとか復活したのでゴール会場に戻って仲間を迎える。
残念ながらダウンしてて前田さんのゴール立ち会えませんでした。

天野さんのスーパーロングのゴールも見れたし、GAROさんのゴールも。
星野さんの探していたら既にゴールしていた・・・残念。

みなさん怪我も無く無事ゴールできたので良かったです。
「神流マウンテンラン良いよ!」って良く耳にしますが、理由は出れば分かります。
「おもてなし」が凄く温かい。スタッフ全員が温かい。応援も温かい。
人気の秘訣は「あたたかさ」

せっかく温かいのに残念なのはコース(ウソ)
流石鏑木さんプロデュース。本当にキツイ。
最後、こんなにズタボロにされたのは久しぶり。

神流のトレイル日光に引けをとらない最高の旅になりました~。
神流町の皆さんありがとうございました。

kannna2017nenn22.jpg

kannaThasu2017.jpg

次の日
昨日は1度も転ばなかったので外傷は一切無し。
足首は下りの切り返しの連続で途中違和感があったけど、今は何とも無い。
故障は全く無し!
前モモは、しっかり使えていた感じの筋肉痛が少々。(階段を普通に上り下りできちゃうレベル)
フクラハギは全然何とも無い。こんな事は初めて。(例のストレッチのおかげか?)
昨日の夜は痛かった左脚の膝裏の筋も今日は大丈夫。
あ~天気も良いので、金山に散歩しに行きたいが、やる事あって行けない・・・残念。

追記
11月16日
当日、表彰式に出なかったので賞品なんか貰えるとおもってなかったのですが、年代別2位の景品が届きました。サプライズ!
ご丁寧にお手紙までついていました。
2017神流賞品2
2017神流賞品3
2017神流賞品1
神流3
神流2
プロフィール

乱猿

Author:乱猿
群馬県太田市在住で2017年で40歳
【走る事】【陸上競技】に 全く興味も
経験も無かったオッサンが2011年より
突然走る事に目覚め 更には
トレイルランニングにも手を出す始末。
ハセツネSUB12→SUB11を目標に日々トレーニング。

カテゴリ
カレンダー

01月 | 2018年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -


アクセスカウンター
リンク