FC2ブログ

2018年7月27日 第71回富士登山競走 完走記

2018年7月27日 第71回富士登山競走 完走記

今年も来てしまった富士登山競走
目標はサブ3.5
そしてこの暑い時期、高地トレなんて言って高い山には逃げません。
暑さ日本記録を塗りかえた埼玉県、そしてお隣の群馬県太田市の500m級低山で38度の気温の中を毎日毎日、汗だくで走りました。
ペースも上がらないし、走力につながる練習とは思えないが、努力は無駄ではないと言い聞かせ毎日里山に汗を垂らしました。

暑さにも大分慣れ、馬返しまでの暑いロードはこれで行けると自身がつきました。
そして当日・・・
肌寒!
酷暑トレーニングは無駄に終わりました。

今回の装備は
最初白のノースリーブにしようと思ったのですが、下界でも涼しいのに山頂に行ったら寒いと思っていつもの黒のノースにしました。
日差しが照りつけると思って、どっかの大会で貰ったダサイキャップを準備しましたが、全く必要ありませんでした。
いつものサンバイザーかバフにしておけば良かった・・・
シューズはMERRELLこれは普通にロードシューズにしておけば良かった。
最初のロードがしんどかった。

携帯した物は
ノースのポーチにマスク、千円、ウィンドシェル、塩分チャージ4個、塩飴4個、スマホ、アミノバイタル1本

当日は2時に起床、2時20分にGAROさんと富士吉田に出発

東松山のいつものセブンでブリトー、おにぎり、ポカリ1リットル、ウィダーゼリー、ドラヤキ(食べなかった)、キットカット(食べなかった)1本満足×2(食べなかった)
無駄な物買い過ぎ。富士吉田市役所で赤のアミノバイタルとか貰えるからそんなにスタート前には食べられない。

4時30分にグラウンドに到着して5時前にバスに乗りました。
市役所ではあいさつ廻り、(会った順)須永さん、しゅうさん、よっちまんさん、前田さん、星野さん、松本さん、新島さん、バンチョー、もんさん、和田さん、塚越さん、上野さん、片山さん、ハリ天さんにお会いする事ができました。ねもさん捜したけど見つからず・・・

テーピング貼ったりエネルギー摂ったりあっという間に時間が過ぎスタート30分前
初めてのAグループでしたが、巷の話噂り座って待つことができました。

Aグループになって一番良かった事は、毎年恒例となっている地元消防士さんの「きょうのビールはうまいぞ~!」からのエイエイオーが近くで見れたのが良かった。
2018富士登山競走3

調子に乗って前から5列目くらいからスタートしてみました。
周りのペース超速過ぎ!
引っ張られて心拍MAXで2km位で心臓が苦しくなってきた。動悸を感じる。もしかしたらファントレイルで貰った600円のジェルをスタート前に摂ったのがダメだったのか?
全然ダメついて行くことができずガンガン抜かれ3km位の富士浅間神社付近ではBブロックのゼッケンにも抜かれ始めた。

その後もガンガン抜かれまくって中の茶屋(7km)
ここからは林道になるので周りのペースが落ちる。
やっとペースが同じ位の位置につけました。

馬返しまで1時間切れるかも不安なくらい抜かれましたが58分11秒と最初のダッシュ貯金で何とか切れました。

馬返しからは、とにかく前に離されない、隙あらば抜くって感じ。
ロードで上がった心拍と動悸がなかなか治まらず最初はついて行くのがやっとだったけど、心拍も落ち着き気温も下がり少し余裕が出てきた。
ロードで抜かれた人を抜き返すくらいに復活。

前回までの五合目のゴールと山頂の関門が入れ替えになり、ちょっと距離が長くなったとの噂。200m位?(噂)
Aブロックスタートは3年有効って聞くけど、やっぱり五合目1時間50分は切りたい。
今日のコンディションでは自身が無かったけど、とにかく時計を見ずにガンガン攻めました。
最初のロードに出た!
トレニックワールドでも応援いただいたチームリスペクトの岡田さんの声援に背中を押されながら再度レイルに戻される。
そして2回目のロード。
ココからが正念場、1時間50分切るためにロードを駆け上がる。
どうだ?
1時間48分31秒
ギリセーフでした。

五合目の給水でアミノバイタルを補給、エネルギー的なもの何も摂ってなかったので、
何でも良いから摂りたくて動線上にあったグレープフルーツ?レモン?を一切れ食べました。

事件が起こりました。
なぜかその汁が気管に入り込み酸素を取り込みたいがフィーフィー言ってるだけで苦しい。
超すっぱい100パーセント果汁なので喉が痛いし。
ゲホゲホ死ぬほど苦しい思いした。
ホント死ぬかと思った。
酸素が入ってくれば直ぐ復活。喉が痛いのは治らないが・・・

この最悪の状態の時に抜かれた選手を抜き返す!
富士山の砂利は苦手だったけど、今年は抜かれる事が少なかった。
走り方を変えたからかな?
七合目からの岩場エリアは登山者で渋滞。
今年は登山者多く感じた。
岩場で少しフクラハギが来たけど、丁寧に登れば攣らない程度。
タイムスケジュール作ったのだけど忘れてしまった。
あとどの位走ればゴールなのか分からない。

目標はサブ3.5。
五合目から大体90分登れば山頂と思って走ってきたが、残念ながら3時間30分経過・・・
上を見上げるとまだまだありそう(涙)
そして去年の記録38分も経過・・・
手を抜いている訳ではない。
そんなに五合目からは抜かれるより抜くほうが多かったのになぜ?
上を見上げるとまだある(涙)
せめて45分切りを目標にがんばって登って最後のコーナー
去年まではダッシュする元気があったのに今年はダメ。
でも茅野さんが応援に来てくれていて、最後出し切って!の言葉に力を貰った。
数m前に走っていた1人を抜きダッシュでゴール!
ホントきつかった。今年は特にきつく感じた。
2018富士登山競走4

2018富士登山競走タイム

山頂はとても寒く火照った体も一瞬にして凍える。
山口屋でグツグツ熱い鍋から出される激熱いお茶を400円出して購入し見せの中で風をしのぎました。
山頂では崇さん、天野さん、河さん、ねもさんとお会いできました。

制限時間まで見届けて須永さんと2人で下りました。
長い!ほんと長い!
初めて山頂から下った時はとても楽しかったのに、回を重ねるにつれて長くしんどく感じる。

ゴールした時に感じた足首の違和感がこの下りで悪化しました。
ほんとは ねもさん、と走って帰るつもりでしたが、走りきる自信が無かったのでお断りしました。
ねもさん すいませんでした。

北麓公園行きのバスも待ち無しで乗れて、北麓公園ではすでに五合目コースを走り終えたGAROさんが車を廻してくれていました。
駐車場の水道で水を浴びて着替え、金券はサーロイン串になりました。
2時過ぎには北麓公園を後にしました。

まだ試練は終わりじゃない。
高速道路で事故。入間の先で通行止めだったので青梅から下道で帰りました。
2時間30分で帰れるところ、4時間30分。あ~疲れた。

山頂最後の坂で茅野さんに撮ってもらった
2018富士登山競走5
2018富士登山競走6
2018富士登山競走7
2018富士登山競走8

ハリマネさんに撮って貰った
2018年富士登山競走13
2018年富士登山競走14

その他の写真(笑)
2018年富士登山競走12
2018年富士登山競走1

2018年7月8日 トレニックワールドinおごせ・ときがわ50km

トレニックワールドの50kmに出場してきました。

(ゴール直後、この時は自分の順位はまだ知らず(笑))
2018トレニック50k4

2018トレニック50k5

今年は6月中に梅雨が明け、先週まで毎日真夏日でしたが週末が近づくにつれて雨模様。
開催日は雨も上がり一日くもりの予報、最高気温は31度、蒸し暑さが予想できました。

ウエアは最近流行りのファイントラックのみスケスケ。
パンツはいつものノース
シューズは今回ブシドーで行きました。
ホントはライカンが良かったけどスカイビューまでソールの溝を残したかったのでブシドーにしました。

コンディションは金曜日にPTAの飲み会で飲み過ぎ&日の出を拝んでしまったため土曜日は最悪・・・
睡眠時間は2時間でずっと眠いしだるかった。
短い昼寝を繰り返してしまったので、夜はぐっすり眠れなかった気がします。
9時に寝て朝4時に起床し、4時30分に出発しました。
熊谷でセブンに寄ってカップラーメン赤いきつねを食べました。
おにぎり2個は運転中に消費。

到着は5時30分丁度。朝は空いてるから早いね。1時間で着いちゃった。
超超近くの駐車場に停められました。スタートゲートまで10秒の近さ(笑)

受付して車で待機してたら おぎさん登場。
彩の国100kmの故障が長引いているようでDNSだそうです。
あやしいエネルギードリンクをいただきました(笑)ありがとうございました。

開会式まであと45分もある。暇なので寝ました。
金曜日の寝不足がまだ残っているのか?開会式15分前まで寝る図太さ(笑)

30分寝て開会式前にトイレを済ませてスタートラインに立ちました。

相変わらずコースを把握していない。
走り出してみないと調子が分からない。
100kmのノース逆走コースって聞いていたけど、どんなペースで入れば良いのか全く分からない。

なんて考えていたらスタート時間。
ゲートの先頭に誰も並ばないので遠慮なく最前列からスタートさせてもらいました。

スタート直後のどっちに行ってもいいルートはあえて前に着いて行かず、一人だけ最初の階段を登りました。
合流する時はちょっと後ろになったので、真っ直ぐ行った方が、ちょっと、ほんのちょっと速いかも。

ニューサンピア周りのガレですが今回は足を捻挫しないように慎重に走りました。

最初のロードは先頭グループにひたすら着いていきました。
500ml×2本が重くて全然ペースが上がらない。

100kmとコースが違うし、コース案内が少ないのがトレニックワールド。早速プチ集団ロスト。

ロード区間 長!
黒山三滝?見たかった。
序盤(10km)から激登りがあるので、元気だからと行って攻め過ぎない走りで登りました。
今回のレースの走り方や作戦的な事を考えていて正直あんまり覚えていない区間でした。

11.4km【傘杉峠】
1時間13分 
ダンゴを1本口に押し込んだ。
9位と、まずまずな位置についていました。

発汗は多いけど気温はまだまだ大丈夫、思ったより全然走りやすい。
関八州見晴台!
100kmではホント苦しいところだったので印象深い。
そして100kmの時、通過する時は暗いので明るい見晴台は新鮮でした。

16.5km【ぶな峠】
お稲荷さんを1つ口に押し込んで2つ持ってエイドを出ました。
飲み物は1リットル要らない。
500mlで足りるけど500ml+200mlをどこのエイドでも大体こんな感じで補給しました。

ギザギザUPダウンが続きました。
まだまだ序盤なので上げ過ぎない。
抜かれても無理して着いていかない。

21.1km【大野峠】
2時間39分
9位で到着
提供されていたのは好きなサンドイッチだったけど、食欲が低下して2個しか食べられなかった。
そういえば前のエイドのお稲荷さん3つもかなり無理して食べた。

この後、なぜか次々と抜かれた。恐らく14位くらいまで落ちたと思う。

大野峠エイドを出て2km位かな?
前からランナーが戻ってきた。
え!ロストか?
一人詳しい人が居て1km手前の分岐で間違っているとの事。
しかし、矢印は絶対コッチ向いてたので合ってるって言う人もいるし。

結局半分コースを戻って、半分は矢印を信じて先に進んだ。
私は・・・ちょっと先に進んでみたけど、落ち着いてGPSで確認してみたらやっぱりコースを外れている。。。

すでに前は見えない。
一人で戻りました。

戻り中一人ロストしてきたので、違う事を伝えて二人で戻りました。

分岐まで戻ってきたら誘導の人が居てコース表示の矢印の向きを変えられてしまったとの事。
今日の朝一で誰かに悪戯されたっぽい。

15分以上ロストしてしまってガッカリ・・・
たぶん1位から20位くらいが集団ロストしました。
もう順位もタイムも諦めた。。。

まだ半分も行ってないのに~

25.5km【堂平キャンプ場】
3時間29分

ココのエイド雰囲気が良いので好き!
ゼリーがうまかった~エイドのおねえちゃんもかわいくて元気がでた!
まだ半分。諦めるのは早い!って気持ち的に復活もできました。

堂平キャンプ場からは下り基調
ちょっと急だったけどソコソコ下りを楽しめた区間でもありました。

31km【慈光寺】
4時間9分

100kmでは2個目の見覚えあるエイド
うどん2杯食べた!

ボトルは常に片方は麦茶を入れて、もう片方は麦茶かコーラを入れていたけど、
ココに来てミルクティーが飲みたくなった。
これは ヒロキ イシカワ の影響(笑)
DVDで好物とか言って、飲んでたの見たのを真似してみた(笑)
ん~泡立ちも無いし悪くない。
でもちょっと濃いかな。

この先下りきったら一山越えて最後の登り。
念のためアミノバイタルを補給した。

ロストしてから順位が全く分からない。
この辺りから選手がまばらになってきた。
ソコソコがんばって走っているのに前が全然落ちてこない。

ロードに出て宿交差点通過。
そして一山ロードを登りました。

30km以上走ってきてこのロードの登りを歩かないで走りきったのは自分でもがんばったと思う。
登った分下って・・・そして登り返し。最後の長い登り。

まだ足は残っているけど無理したら最後までもたなさそうだったので歩いて登りました。
山頂から残り数キロでエイド。

この辺りから30kmの選手と合流となりました。
抜く時にはたくさん声援をいただき力になりました。

38.8km【くぬぎ村体験交流館】
5時間11分

余裕な30kmの選手の中に、必死の凄い形相のおっさんが1つ、2つとプリンを流し込む姿は汚い。
机の上に落ちちゃったのプリンをワシづかみで拾い上げ口に押し込んで再出発!

下り基調!そして30kmの選手に応援されるもんだから、調子に乗ってペースがドンドン上がってしまう。

トトロのバス停通過。

竹林通過。
竹に囲まれたトレイル気持ちよく走れて楽しかった。

最後のエイド
45.5km【大楠エイド】
6時間

ペースを上げ過ぎて結構疲れてきていた。
モモの前と股関節の内側が攣りかけている。

エイドに寄ってはみたものの、残りは4kmなのでボトルに300mlもあれば十分。
無駄に立ち止まって何も補給せず再スタート。

ここからは苦手なロードの下りだった。
最近ロードの下りを飛ばしすぎると膝が痛くなってしまう。
それも覚悟で4分ペースで駆け下りました。

30kmの選手を次々に拾って行く。
ドンドンベースも上がり4分切るペースまで上がってしまった。下りスゲー疲れた。

いつものロードに出た!
最後のエイドで自分より前の50kmの選手は10分以上前に通過しているのを聞いていたので、
もう前を捕まえるのは無理なのは分かっていた。あとは後ろに追い付かれないようにソコソコのペースで走るだけ。
ミルクティーは捨てて、麦茶は頭からぶっかけた。

沢山の30kmの選手に応援いただきました。
登りもしっかり走って、やっと帰ってきたニューサンピアに。

最後の坂は流石にダッシュする元気は無かったけど、無事6時間19分でゴール!

最後は過去2回走った100kmより余裕が無くなってしまった。
出し切れた!これだけで十分。

無料で貰えるカキ氷が美味しくて2杯いただいた。
やっと汗が引いてきたので完走証を貰いに行ったら・・・なんと総合3位。

全く意味が分かりませんでした。私の前には10人位はいたはず。
恐らく集団ロストしてしまったんじゃないかな?

そんなラッキーでも入賞は入賞って事で賞状と景品をいただいてしまいました。
賞品はシューズとヘッドライトが選べたんだけど、シューズが28cmと我慢して履けるってレベルじゃなかったのでヘッドライトにしました。

ラッキー入賞!うれしいような、申し訳ないような。
素直に喜べませんが、出し切れたので大満足のレースになりました。

故障は一切無し。
フクラハギも全く攣りませんでした。

途中応援に来てくれた須永さん、かえでちゃん ありがとう!
やっぱり須永さんの応援の後はがんばっちゃうんだよね。

吉村さんに褒めて貰っちゃった(笑)
でもラッキー入賞ですから。
これも吉村さんとの修行のおかげです。
またお願いしますね。
次は吉村さんから何を盗んでやろうか(笑)

みなさん応援ありがとうございました。

2018トレニック50k1

2018トレニック50k2

2018トレニック50k3

次の日のDogsorCaravan.com(ドックスオアキャラバン)
トレイルランニングのオンラインメディアで、日本国内にとどまらず、海外のトレイルランニングの情報を発信している。
そんな有名なサイトに名前が乗ったのはかなりうれしい。
大会規模は違いすぎるけど日本を代表するランナーの下に名前が載るなんて(涙)

トレニックワールドDCの記事

2018年 上州八王子丘陵ファントレイルinOTA

2018年6月3日日曜日 地元で開催される鏑木さんプロデュースのファントレイルin太田
タロ吉と2人で参加してきました。

2018ファントレイルタロ吉とフュージョン

3回連続でロングコースでしたが、今年は親子手つなぎゴール&二人のタイム足して2時間切りを目指してハーフにエントリーそして今回は東京から仲間も来てくれるとの事で楽しみにしていました。

車で15分程の北部運動公園が会場なので慌てる事は無いが駐車場が無くなっちゃうので7時30分までに行かないとならない。
この大会だけは近いしタロ吉も走るので嫁もP子も応援に来てくれる
7時20分に到着して駐車場はまだ4割位空いていた。
やっぱり近くの駐車場停めるなら7時30分には来ないとな。

仲間と合流~
来てくれたのはトレニックワールド100kmにも応援に来てくれた須永さんと同僚
トレニックワールドの時は夜だったし疲労困憊だったのでゆっくりお話できなかったので
久しぶりにゆっくり会えてよかった。

2018ファントレイルSTTと鏑木さん
2018ファントレイルSTTメンバー

ロングのスタートは9時15分
ハーフは25分遅れの9時40分

普通の大会よりスタート遅め?だからゆっくり準備できました。

ロングのスタート前にいろんな方とごあいさつさせてもらいました。
例年ファントレイルの日は快晴。今年も夏みたいに暑かった。

ロングのスタートを見送り25分後のスタートに備えます。
毎年エイドの場所が変わるのでサロモンのボトルを持ちました。
タロ吉と2人で500mlあれば十分
最近走る時の麦茶が無性においしくて、今日も麦茶

ウエアはシューズ以外はタロ吉とペアルック
上は黒のノースリーブで下はノースの短パン
バフは社名の入った青いやつ
私のウエアが着れちゃう位、タロ吉も成長したんだな。

スタートは前から2番目位でした。
前にはポリスのタスキをかけた警察官が5名ほど。
私の密かな目論見は警察官を全員タロ吉に抜かせる事(笑)

始めの1kmはキロ4分切ちゃう超ハイペースでキツかったですが、タロ吉普通についてくる事にびっくりした。
むしろ置いていかれるかと思った(汗)

【1.3km】
12番くらいでトレイルに突入~
前には警察官は2人ほど居ました。
まだ始まったばかり、あせらず息を整えながらタロ吉を引っ張りました。

2回目のロードも3分台ペース
今年は特に速い!って思ったら、そうだハーフに出てるんだ。って思い出した(笑)
竹のトレイルに入ってからはとにかく前に離されないように着いて行く

タロ吉トレイルの才能があるのか?登りでガンガン飛ばしちゃうので、むしろセーブさせる

【4.5km】
沢沿い下ったら登り返しが始まる前にエイドがありました。

エイドの場所はココがベストだと思う。
前回大会ではこの先1kmくらいの鉄塔下にあったけど、そこは下りが始まる前だから立ち止まりたくない。
休むタイミングではない。

登り返しの前の一呼吸置く所だから絶対4.5kmのココで間違いない。って、運営に別件で連絡する機会があったのでついでにその時一応言っておいた。

これだけ語っておいて飲んで無いけどね(笑)
大好きな麦茶持ってたので。

元気に走れるのは残り500m

この先でロングの最後尾に合流
この前で既に1人の警察官は抜いていたので、前にはあと1人

走るところ、歩くところ(休むところ)今日は自分だけのペースじゃないタロ吉の様子を見ながらペースを作りました。
ココのきつい所でロングの選手と共に最後の警察官をパスし後は警察官から逃げるだけ(笑)ニゲロー

唐沢山まで来たら残り半分のイメージ
修行のようなアップダウンを繰り返して最後の登り
タロ吉かなりのハイペースで来てたので、ココまで来て一安心。完走が見えてきた。

激下りから今大会コース一番のシングルトラック。
でもロングの選手に阻まれ進まない。少しでも前へと声を掛けて抜かさせて貰った。
抜いた選手の中にタイガーマスクも居た(笑)

今大会最高の下りの後は、最悪の下りが始まる。
キャンプ場前の砂利からロードの直滑降の下り。

キャンプ場まで下りてきた!
振り向いたらタロ吉居ないし(笑)

チョットしたら登場~
激下りでロングの選手達のかたまりを抜ききれなかったらしい。

タロ吉に口を空けさせ麦茶を流し込んでやる。
まるでボクサーのセコンドみたい(笑)

最初の方からずっと近くにいて、抜いたり抜かされたり、お話も少しした大泉町消防の方
ロードでも一緒になりタブン3人とも負けず嫌い。
最初キロ4分切るハイペースで1kmほど走りましたが、その後3人とも限界が来てベースダウン。4分20秒で落ち着きました(笑)

峠は歩かない!
この峠はホントキツイ。
ロードで心拍あがってからの激登りなのでホントきついのですが、ココを歩いたらダメ!って自分のルールがある。

ココで消防のかた抜いたんだけど、その後の下りで先を越されました。
運動公園までの最後の登り!
出し切る!出し切る!
流石にタロ吉も限界となりフラフラ。
手を引いて引っ張り上げながら駆け上がりました。

登りきった!ゴールだ!
最後はタロ吉と手つなぎゴール!

2018ファントレイルタロ吉とゴール

タイムは残念ながら1時間57秒と1時間は切れず(涙)
順位はタロ吉が8位で私は9位
負けた~同じタイムなのに(笑)

でもこの暑さで出し切れてこのタイムなら上出来でしょう。

今年も鏑木さんには親子とも覚えていて貰えてました。
ゴール後のインタビュー
2018ファントレイルゴール後のインタビュー

抽選会では面白い事やってのリクエストにタロ吉はバク転を披露
面白くないけど、凄いから良いよのお許しを貰って焼き饅頭ゲット

がんばったケド無冠だった!方いますか?には
ハーフに親子で参加して手つなぎゴールしました。
ハーフにペアの部があったらぶっちぎりの1位!と、すがってグッズの詰め合わせをゲット!
2018ファントレイルお土産ゲット

2018ファントレイルお土産の中身

鏑木さんとはスタート前の写真撮影、ゴールした時、そしてお土産もらった時3回もお話させていただいた。
こんなに神と接する機会のある大会って他にないよね。
タロ吉、前日の土曜日は部活の県大会で疲れていたのにもかかわらずナイスランニングでした。
来年はP子も出るって言っているけどホントか?

次の日は恒例の一人ファントレイルグリーンフィスティバル(長い!カタカナバカリデ読みづらい)
上州八王子丘陵ファントレイルinゴミ拾い
今年も10個位しかゴミは無かったので、運営のコーステープ剥がしのお手伝いランでした。
2018ファントレイル2日目

鏑木さんに昨日のお礼と今日も走ってきた報告をしてみたら返信を貰えました。
スゲーうれしい!
2018ファントレイル鏑木さんから返信

そして3日目も 上州八王子丘陵ファントレイルinパトロール
運営さんのテープがどこまで片付けられているかパトロールしてきました。
昨日の午前中は全く剥がされていなかったテープも午後に剥がしにきたんでしょう。
大体はキレイに片付けられていました。
剥がし忘れた物を全て回収してきました。
ちょっと寄り道して桐生市茶臼山
2018ファントレイル3日目

パトロールの成果
2018ファントレイルゴミ拾い
ゴミ拾い、テープ片付けしてたらハイカーさんにお礼を言われました。
いえいえ、こちらこそハイキングコースを使わせていただき感謝です。
沢山の選手達が遊ばせてもらった自然を大会前と同様、それ以上に戻すのは当たり前の事。
来年からは仲間を募ってみようかな(笑)

2018年5月19日 トレニックワールドin彩の国 100km 完走記

2018彩の国100km①

2回目のトレニックワールドin彩の国でした。
GWから胃腸の具合が良くなかった・・・
病院も2回行って薬も貰ったけど、なぜか夜だけシクシク痛み眠れない。
先生曰くストレスが原因との事でしたが、日常生活でストレスは感じていないし原因不明です。
痛み自体は弱まって来ているが、もし大会中に発症したらそれがストレス(笑)

3日前まで電池がなかったりジェルが無かったりロキソニンが無かったり全然準備不足でした。

前日に休暇をいただいて3連休
買う物買って準備できたのは前日の夕方でした。
当日は4時50分起床
5時ピッタリに出発
10分くらい走って、胃薬とめがねを忘れたの気がついたけど諦めた。
セブンの塩おにぎりを会場で食べたかったので、熊谷でよりました。
チリトマトのラーメンはゴール後、カリカリ梅は今食べた。
チャーハンおにぎりは食べなかった。
やっぱり会場ではテーピング貼ったり2ラウンド目の事前準備があったりバタバタするので食べられない。

6時20分位かな?ニューサンピアに到着し会場では部長とバンチョーと合流。
新子さんともお会いできました。
100マイルのスタート時間7時になるのでスタートを見届けました。

100kmのスタートまで2時間。
テーピングとウエアに着替えるんだけどウエアが決まらない。
天気が微妙に良くない予報
下はいつものTNFだけど、上は何を着るかはスタート20分前まで悩んで決めました。
ファントラックのみ・・・スケスケだけど2m離れれば分からないでしょ?
キリアンザックなら大半が隠せるし(笑)
でも外にでて開会式中風があってスースーしたので5分前まで着替えようか悩んでました。

9時になり地獄のスタート
今日の作戦は「①堂平キャンプ場までは温存して絶対無理しない。」
「Northはガンガン行きたくても行かないで②ニューサンピアには脚を残して帰ってくる。
」この2点を目標にします。

走り出した感じは順調。Newシューズは軽くは無いけど悪くは無い。ザックがやや重たく感じたくらい。
一応10番位で走り始めましたがニューサンピア出て6分。
ゴロゴロした石のトレイルで左足首をグネった。捻挫した(涙)
痛みが落ち着くまでセーブしたが、その間ガンガン抜かれた。
この後、何十時間も走るのに6分で脚故障だなんてホントアホ。

最初のエイドくぬぎ村体験交流館までは12.8km
長~いレースの為、序盤は去年は記憶に薄いかったのですが、上谷の大クス、トトロのバス停としっかり思い出しました。
大クスはホント大きいのに老木感は全く無くパワーが漲っていている。
長いレースの勇気を貰えました。
写真撮りたかったケド、レース序盤過ぎて立ち止まる事ができなかった。

【くぬぎ村エイド】12.8km
1時間38分 16位
菓子パンは食べなかったけどダンゴがおいしかった。
麦茶とスポーツドリンクを補給。
ちょうど良い絶妙な薄さのスポーツドリンクで飲みやすかった。
去年と比べると3分早かった。

この直後だった?(序盤過ぎて記憶があいまい)
トトロとどんな関係があるか分かりませんがトトロのバス停がありとなりの大きなスギの木もテンションあがりました。
2018彩の国100km②
2018彩の国100km3

慈光寺エイドまで6.1km

西平運動場まで下ってきて久しぶりのロード
T字路の突き当たりで道路に引かれたラインの矢印が左右向いている。
迷って右に行こうとしたら後ろから「違うよ!」って教えて貰った。
この方としばらく並走させていただきましたが、ロングの走り方を熟知している。
登りは絶対飛ばさない。走るところは走る。終始笑顔。
「まだまだ先は長いよ~」登りをがんばる何人もの選手に声を掛けていました。
後で調べて分かりましたが、この方今回40代1位でした。

階段登って慈光寺エイド
【慈光寺エイド】18.9km
2時間28分 14位
2018彩の国100km慈光寺エイド

お稲荷さんがおいしくてエネルギー云々抜きで3つも食べちゃいました。
この辺りではまだカラダがコーラを欲していなかった(笑)
麦茶うまい。

去年はこの後にロストした。
今年は間違えなかった。
金獄kanatakeまで上がって超下り。スタート直後に痛めた左足が痛む。
下りが全然遅い。

下りきったら今大会一番長い登り
遠慮なく歩く。(走りたいの)我慢して歩く。
去年はアホみたいに走って潰れた笠山の登りでしたが、今年は全部歩いた。
タイム的には去年は2時間10分。今年は2時間7分と区間タイムほとんど変わりませんでした(笑)

笠山神社前の階段が見覚えがある。
階段を登ろうとした瞬間、足元にヘビ!(踏んだかも)
「ギャ~!」とみっともない奇声を発しながら飛び跳ねて無駄な体力を消費。。。

キャンプ場まだ?
もう ひと山越えてキャンプ場到着!

【堂平キャンプ場エイド】28.7km
4時間35分 12位
去年は脚がピヨってて再スタートに時間がかかったが、今年は余裕。
今年もおいしかったトマトのパスタ。
ミニトマトも美味しい。
トマト好きにはうれしいエイドだけど、トマト嫌いには残念なエイド(笑)
今年は風があって発汗が少なくて済んでるのが脚が攣らない大きな理由。
最初に立てた目標①堂平キャンプ場までは無理しない。こちらは100パーセント達成!

笑顔でキャンプ場エイドを出る事ができました。
天文台を過ぎたらオールスポーツの撮影があるのを知っていた。
去年のここでの写真はとても気に入っている。買ってないけど。

エグイ登りもキツイけど、飯盛峠までの繰り返されるアップダウンの連続もホントキツイ。
30kmを過ぎて さっきまであった余裕は無くなってきた。
長かった。やっと飯盛峠エイド

【飯盛峠エイド】39.1km
6時間18分 12位

大体どのエイドまでも2時間位だから飲み物500ml×2本は要らない。
風があって涼しいのでエイドでがぶ飲みすれば500mlで十分。
なんだけど怖いのでいつも満タンにしてしまう(笑)
ここのパンが好き
ちょっと固めのパン(いい意味で)にハムときゅうり、マーガリンも塗ってある(タブン)
2つ食べて、1つは持ってエイドを後にした。
パン自体も好みの味でハムと良く合う。ゆっくり味わって食べた(笑)

トレニックワールドのエイドは補給の為のエイドじゃないよ。
完全に食事。おいしいんだもん。

ここからニューサンピアまでは下り基調。
結構大きな石とかゴロゴロしてたりする箇所もあるので慎重に、丁寧に下りました。
トレランあるある「下り基調って言葉に期待しちゃいけない」
下りだけのつもりで下っても絶対登りもあるのでガッカリ半端無い。

下り終わり慣れたロードに出たら後はタンタンと走る!
森の中はちょっと薄暗く感じた気がしたケドまだまだ明るい。

North終了~!
【ニューサンピア】51km
7時間42分 13位

目標にしていた②はどうだ。
大丈夫。まだ脚は残っている。

ここまで自分が何位なのか知らないし知りたくない。
大体15位 くらいなんじゃない?位のあいまいな感じで十分。

夜バージョンに着替える。
ライトも装着。予備電池も一応持っていく。

2018彩の国100kmSouthへ

ニューサンピアに戻ってきて実感する。
今回とても調子が良い。
いつもならフクラハギが痛い。とかモモのココが痛いとか。ピンポイントで重度のダメージを受けていたのに
体の疲れ、ダメージが一箇所に集中している事は無く、全体的に疲れを分散できている感じ。

カレーを2杯いただいて再出発!
食べ過ぎた。重い(笑)
2杯目の大盛が効いた。

ニューサンピアOUTは8時間04分 
20分以上滞在してた。

去年は薄暗かったけど、まだまだ明るい。
墓場を通過し再度森の中へ

South最初のエイド桂木観音までは8.5km
ライトは無灯で到着できました。

【桂木観音エイド】58km
9時間16分 16位

この後PM7時前にライトを点灯しSouthの最初のボス関八州見晴台に挑む
登りは頑張らない。
普段の練習と真逆過ぎ(笑)

今年は一人で走る事が多かった。
前後に人が居ないのでロストが怖かったケド、去年より表示が分かりやすかった気がする。

ホント登りがエグかった。見晴台山頂では一瞬一休み。
ベンチに座る事10秒で再出発。

下って高山不動尊エイド
【高山不動尊エイド】
10時間47分
13位

去年美味しかったそうめん!楽しみにしていたそうめん~!無かった~!
去年は練り梅そうめんでパワー出たので今年も、と思って楽しみにしていたのに・・・
コロッケパン?
見晴台の登りは長く、飲み物に直ぐ手が伸びてしまった。
発汗もそれ程無いのに飲んでしまうので、胃に違和感が出てきてしまった。
それに胃腸の調子も良くないし、楽しみにしていた事とのギャップで何も食べられませんでした。

あと・・・
マイルの人達がワイワイしてベンチを占領していて座れないし!
ベンチ使って寝てるし!
その寝てる人の脚が邪魔でエイドの補給取れないし!

ここからホノトきついの知ってるから気合入れなおしたかったのに、さっさと行きたくなって出てきてしまった。

後半元気に走る為に体力温存。
子の権現までの登りも遠慮なく歩いた。

子の権現では蕎まだ麦屋がやっていて数人のランナーがあたたかい蕎麦を食べていた。
とても羨ましかった。凄く食べたかった。ちょっと前を走るランナーも吸い込まれるように入っていった(笑)
お店のおばちゃんが「ちょっと時間がかかるよ」との言葉に「全然大丈夫!」との返事(笑)

相変わらずのインパクトある像の間を通過。
去年は初めて見てちょっとゾクゾクしちゃって下見て走ったけど、慣れた?ライト照らして見上げる余裕がありました(笑)

【竹寺エイド】76.6km
12時間44分
左足の捻挫が痛くて楽しく走れなくなってきた
下りで踏ん張りが利かなくもなって来てたので、ホントは飲みたくなかったロキソニン投薬。
今大会一番疲れた区間でした。
2本目のアミノバイタルも投与。
そして部長からいただいた高級ジェルをありがたくいただいた。
相変わらず森の中は風が強い箇所があって動いてないと寒い。
エイドのトン汁は温かくて良かった。
脚はももの内側と膝の上に疲れが出てきていた。
まだあと30kmもある・・・

座っていても終わらない。重い腰を上げ再出発。
トレニックワールドin彩の国 ここからが本番みたいな感じ。
80km走ってアップダウンの連続が待っている。

今年は前半から登りも下りも丁寧に走ってきたので、ココに来ても下りはソコソコで走れるし、登る脚も残っている。
ガーミンの電池はMAXでも6時間しかもたないので、スタートからずっとGPSはOFFだったのでただの時計(笑)
この先どの位あるか分からないので、1つ1つアップダウンをやっつけるしかない。
長い!ほんと長い!

ロードに出た!前回は薄明るくなっていたけど、まだまだ全然夜。

【吾那神社】87.3km
15時間46分 17位
竹寺での再スタートの遅れもあったし、その後のペースも中々上げられずタイムも順位も下がってしまった吾那神社エイド。
エイド前の階段はキツイ・・・
登りきる所で名前を呼ばれた。

その聞き慣れた声は須永さん!
なんと応援に駆けつけてくれました。うれしいな~。
いつくるか分からない自分をおこさんも一緒に待っていてくださり、ありがとうございました。
うどん2杯食べてコーラと麦茶の最強コラボを補給。
そして須永さんからの差し入れモンスターエナジードリンク!

かなり気合が入りました。
テンションも上がっちゃってこの後の登りは雑にガンガン登ってしまった(笑)

2018彩の国100kmsungasann2
2018彩の国100kmsunagasann①

ロキソニンも効いていたしアミノバイタル、モンスターエナジーが効いていたのか長いけど苦しまずタンタンと走れた区間でした。
だったのだが、マイルのランナーが立ち止まっていて「コース合ってますか?」と話しかけてきた。
GPSで確認すると微妙にズレている。
確かに案内のテープを長らく見ていないし、自信が無くなって来て、200mほど戻ったが結局コースは合ってた。
調子良かったのに~(GPSのズレは誤差だった)

5km位走ってまたマイルのランナー2人が「コース合ってますか?」と話しかけてきた。
今回は自分を信じた。
「しばらく案内が無いんですけど?」の言葉に被せ気味で「大丈夫!合ってると思います!タブン!」と走り去った(笑)
20分くらい走ったら目印が有ったので一安心。

最後のエイドは2回目の桂木観音エイド

【2回目の桂木観音エイド】97.8km
18時間34分 15位
いつの間にか2人抜いてた
ココでの補給はシチュー!
1回目も有った?
まだ暗いし、寒かったって事もあって今大会一番美味かった。
2杯目行きたかったケド、調子が上がってきているし、残り8.3km走り切るにはエネルギーは足りていたので止めた。

残り8.3km!ここの区間を楽しむ為に97kmも走ってきたと言っても過言じゃないです。
疲れはそれなりにあるけど、元気に走れる事に感謝しながらマイルの選手を一人ひとり拾っていく。

全然登れる。キツイけどモモとフクラハギとか致命的な痛みが無いから楽しい!
ちょうど幕岩展望台あたりで日が昇り始めた。
最高!

2018彩の国100km日の出

景色も楽しみたかったけど、ちょっと気になり出した。時間が・・・

目標タイムなんて考えていなかった。
スタート前に新子さんに「PB更新!がんばって」なんて言われなければ全く気にしていなかった。

それでも去年越え!なんてポジティブな気持ちより、むしろネガティブな去年よりも遅くなければ・・・って気持ちでスタートした。
「去年越え」 と 「去年より遅くなければ」 同じ事なんだけどね(笑)

ウルトラのレースは特に順位だ~タイムだ~なんて言うと必ず潰れる(笑)
黙々と走ってきたけど良く考えてみたら 自分では有り得ないほど良いタイム、順位で来ている事を実感してきた。

数人のマイルの選手、kmの選手も抜いて千切った。
(残り6km位で抜いたけど、30分近く差をつける事ができた)
調子に乗って全力で走ってたら躓いてダイブ
足の親指がイタイ・・・膝イタイ・・・手のひらイタイ・・・
痛くてちょっとフリーズ

1分で復活し懲りずに100km走って来たと思えないスピードでガンガン走った。
ロードに出ても飛ばした。
残り2kmマイルの選手から「20時間切りおめでとう」と声を掛けられた。
「間に合いますかね?」に「今のペースで行けば大丈夫!がんばれ!」

行けるか、行けないか 何て考えても、頭が働かないし、それは今やる事じゃない。
今やる事はたった一つ、全力で出し切る事だけ。
キツイ!キツイ!口から弱音が出るけど、楽しい。
ニューサンピアまでのダラ登りもガンガン走って、ニューサンピア入ってからの登りは坂ダッシュ!
「おー元気元気」なんて40歳のおっさんが言われる言葉?
そんな温かい応援、声援をいただきながら、おっさん出し切って106km元気に完走!

キツイコースだからこそ達成感は最高!
エグ過ぎて正直もう出たくない(笑)

大会主催者さま、エイド、誘導で携わっていただいた皆さま、地域の皆さま楽しく走らせていただきありがとうございました。
そして声は届かなくても応援してくれてた仲間、一緒に走った仲間、応援に来てくれた須永さんと楓ちゃん みんな みんなありがとう。

記録 19時間48分09秒
順位 14位/361人
でき過ぎだ!PBも4時間も更新って・・・
この記録なら捻挫なんか安いもんだ(笑)
ゆっくりしっかり治します。
2018彩の国100km完走証

備忘録
エイドではしっかり食べた。
アミノバイタルは30kmで1本、76kmの竹寺で1本 計2本しか摂らなかった。(いつもは摂り過ぎと反省)
捻挫が無ければロキソニンは摂る必要が無かった。
持っていったキットカット、ジェルは1つも食べなかった。
ペルツのライトは1→2→3の省エネモードなら夜間10時間余裕で持った。(予備電池不要、ただし予備ライトは持つ)
ジェントスの手持ちライト一本杉から桂木観音までの下りで落とした(涙)
故障は捻挫とNorthでやった右足の親指強打。
右足だけなぜか5回以上打ってホント痛かった。
どんなレースでも絶対攣るフクラハギは全く攣らなかった。
恐らく普段のレースは実力以上に無理しているから攣るんであって、今回は頑張り過ぎなかったのが良かったみたい。
塩系のタブレットサプリは苦手で今回ORIHIROのプルンと蒟蒻ゼリー塩レモンを試してみた。
全然食べやすい。タブレットより重いけどこれは使える。
アミノバイタルもジェルにしようと思った。
2018彩の国100km荷物


2018彩の国100kmスタート前
 

2018年3月31日 GSX250E復活!

バッテリー充電不良であったウチのSUZUKIさん(GSX250E)ですがレギュレータ交換⇒NGであった為、
ジュエネレータカバーをあけてダイナモをチェックしました。

真っ黒!一目でダメって分かる程に焼け焦げていた。
そんな訳でジェネレーター新品11111円で購入し、4日かかって到着

201830331IMG_1018.jpg

遅番終わって早速付けてみました。
新品だし一応GSX250E用との事だったのでバッチリつきました。

エンジン掛けて電圧の確認したいところだが流石に夜中の3時に爆音のエンジンをかけるのは無理なので
TRYは明日に持ち越しました。

次の日になり、さてさてエンジン始動!
そして電圧のチェック!

アイドリング状態では12.5V
ん~バッテリー電圧と変わらないな・・・まさか充電不良の原因は他にあるのか?と、ちょっと心配になりましたが
回転数を上げて再度テスターをあててみました。
13.3V!
お~電圧上昇!
これならバッテリーに充電できる。

無事充電不良も直りSUZUKIさん完全復活となりました。
天気も良いし娘と桜を見にプチツーリング

201830331IMG_1013.jpg
201830331IMG_1006.jpg
201830331IMG_0989.jpg


電圧があがったからアイドリングも安定して絶好調

大分お金かかっちゃったケド、これから安心して乗る事ができます。
250ccは確かにパワー不足は否めないが、車検は無いしお手軽で楽しい!

これからトレランもシーズンだし、バイクも乗りたいし、サーフィンにも行きたい。
体がいくつあっても足らないな・・・
201830331IMG_1001.jpg
プロフィール

乱猿

Author:乱猿
群馬県太田市在住で2017年で40歳
【走る事】【陸上競技】に 全く興味も
経験も無かったオッサンが2011年より
突然走る事に目覚め 更には
トレイルランニングにも手を出す始末。
ハセツネSUB12→SUB11を目標に日々トレーニング。

カテゴリ
カレンダー

07月 | 2018年08月 | 09月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


アクセスカウンター
リンク