FC2ブログ

2019年 UTMF 78マイル(127km)

【A7】山中湖きらら出て最初の山で豪雪・・・
自己責任でとの山頂待機の役員さんの話だったので数人が引き返し、残った4人で進んだがやっぱり戻れとの事でA7に引き返し初のUTMFが78マイルで終了となった・・・
2019UTMF117

2019UTMF112

途中までしか走ってないし、怪我の具合も体調も準備も万全では無かったので残すほどでは無いが一応備忘録。

大会3ヶ月前にサロモンのスピードクロスをMF用に買ったので試し履き。
足入れも良いしカコイイ!なんて調子に乗ってたら行道山の何てこと無いゴロゴロの岩場で左足を捻挫した。
いつものグネっただけかな?と思い、大したケアもしないで放置してたら以外に深刻なダメージを負っていて、
ジムでバイクに乗ったり足首に負担をかけてたら、歩くだけでもバキバキと激痛が走るようになってしまった・・・
その後、回復したかと思いきや思い出したかのように激痛がぶり返し大会2週間前は10kmも走れない状態。
走り始めは小痛みが走り出し5kmで痛みが無くなり10kmで全く走る事ができない位の激痛。
大会1ヶ月前にヒロさんと彩の国が一番足の調子は良かった・・・

大会2週間前から接骨院でハリ治療~
激痛だった箇所は1発で良くなり、2回目、3回目と打ったがどうしてもかかとの筋の痛みがとれなかった・・・
2週間はノーランなので、10kmであの走れない激痛の為リタイヤか?それとも治っているのか?全く分からない状態でした。
おまけに大好きだったばあちゃんが大会1週間前に亡くなり、MF出ない事を決心しました。
しかし、家族、仲間の励ましもあり、スタートラインに立つと決めたのが3日前・・・
3日前のお葬式の日にはおばあちゃんに行ってくると報告しました。
コレだけではない・・・風邪をひきました。
お通夜の日も体が重いな~ショックって全身をダルくするのか・・・なんて風邪をひいているのにも気がつきませんでした。
大会当日にギリギリ治った感じでした。

バタバタで準備もギリギリ。
靴下が無くて大会前日にブースで買うくらい準備不足でした。(次の日この靴下が原因で苦しめられる事も知らず・・・)
2019UTMF13
2019UTMF12
2019UTMF1

月、火はおばあちゃんのお通夜とお葬式で仕事を休み、木、金はUTMFの受付と大会のために休み。
水曜日しか仕事に行かずGWに突入~どんなVIPだ?
職場の方にも迷惑をかけていて途中で止めました!なんて絶対言えない(笑)

富士山に向かおうと車で出発直後「熊谷方面」と書いたダンボールもったヒッチハイカー発見
迷わず乗せてあげました。
2019UTMF14

前泊は富士山ステーションホテル6800円?朝食付き
キレイだし個室だし禁煙室だし、富士山は見えるし最高の環境でした。
2019UTMF17
2019UTMF18

前日受け付けはヒロ君と会場をプラプラ・・・
手作りバックを貰ったりノースのコップを貰ったり、駐車場を探してもらったり何て気が効く人なんだ。
ありがとうね。

夜ご飯は一緒に泊まる須永さんと新井さんと吉田市を車でブラブラしたが結局食べたい物が見つからずセブン(笑)

部屋風呂入ってパスタ食べて9時には寝ました。昨日遅番明けで4時間くらいしか寝てなかったし、ヒロ君から貰ったアメリカの睡眠薬のおかげでばっちり寝れました。夜中ベットから落ちたけどね(笑)

5時に起床
テーピング貼ったりゆっくり準備できました。
2019UTMF110
2019UTMF19

7時15分には朝食を済ませ富士北麓駐車場に向かいました。
8時15分のバスでスタート会場の子どもの国へ向かうと・・・超雨。
2019UTMF111

会場のどこ捜しても雨を避けれるところが無いし・・・森の中も寒い・・・
会場上のバス停が一番落ち着けた。
スタート1時間前には全身ビチャビチャとなり最悪でした。
2019UTMF113
2019UTMF112

スタートは後ろの方。1分以上ゲートをくぐるのに時間がかかった。
万全の状態では無いのでイマイチテンションが上がらない。

今大会ほぼほぼフードをかぶって下しかみてないので記憶が余り無いです。
川を渡るために渋滞していたのは粟倉ウォーターエイドの前?後?
超渋滞。ハセツネなんか非にならないほどの渋滞でした。

A1富士宮エイドではクリームパン食べた記憶しかない
これから挑む天子はかなり時間がかかるので1.5リットルの飲み物をもった。

天子の登りで足首が痛み出す・・・
左足の外側が痛いな~なんて思ってたら前側・・・内側・・・痛い所が移動するってどうなの?

下りは雨の影響でズルズル・・・前半はスポルティバのヘリオスで行きましたがソールの波でグリップバツグン。
滑るのは滑るけど止まりたいところはしっかり止まる。
下りで既に夜になりました。
トレイルを出てロードの下りは最悪・・・足を着くのも痛いので全く走れず。

A2麓エイドに到着
DVDで見たことあるUTMFって言ったらこのエイド。的なイメージのエイド(意味分かる?)
焼きそば美味しかった。2個食べた。お餅もおしくて2個食べて4個ジップロックに入れて携帯しました。

しんこさんに脚が痛い事を報告したら「気のせい、大丈夫」って・・・いやいや気のせいでは無いです(笑)
おにぎりと元気貰って再出発!
どうにも足首が痛くて走れないので早くもロキソニン投入。今回は6個持って走りました。

10分で効いて元気に走れるようになりました。
スピードが上がったから?
足の小指が何だか気になる。靴下が当たるのか痛い。

A3本栖湖では石川ひろきさんがエイドのお手伝いをしていました。カッコイイ!
ゆば丼食べた。ここで一番おいしかったのはコンソメスープ。

ロキソニンが切れても足首の痛みはそれほどでも無かった。
足の小指がすれて痛い・・・
靴下は使い慣れた物を使うべきだった。
洗ってない靴下は生地も硬い?

A4精進湖民宿村では荷物を受け取れる。
入れておいたカップラーメンにお湯を入れてもらって体育館でお着替え。

カッパ着ていたのでTシャツはそれ程濡れていなかったのでそのまま。ファイントラックだけ着替えた。
足首のテーピングは雨で剥がれたので貼り直し。
両足の小指は摺れて赤くなっていたのでテーピングを巻いて保護。
ガッツリ食べて再出発。
ライトは一応点けたが明るくなり始めてきた。

A5勝山までの区間で大分疲れたし眠気もピークだったので鳥帽子岳でメダリストの顆粒を投入してみた。
同時にジェルのカフェイン入り。

これが効いちゃって勝山までガンガン飛ばせた。
調子に乗って登りもガンガン走れてた。
今大会一番楽しかった。

A5勝山ではもうタイムは気にならない・・・ゆっくりマッサージしてもらった。
この後も数キロは楽しく走れていたのだが、ロードでとうとう小指が痛くて走れなくなった・・・
たまらず靴下を脱いでみると、両小指におおきな水ぶくれ。

水ぶくれって超痛い。
コレばかりはロキソニンも効かないしね。
テーピングで保護してみても全然ダメ。
A6忍野までの区間は雨も止んで稼ぎどころだったが、なんども靴下を脱いだ区間だった。

A6忍野には歩いて到着・・・
小指が限界。どんどん水ぶくれがおおきくなり指全体が水ぶくれ・・・
パンパンで今にも破裂しそうだったので、破裂する前にゼッケンの安全ピンで穴を空けてみた。
物凄い勢いで水が飛び出した。コレが吉と出るか、ベロベロに剥がれて走れなくなるか勝負だった。
結果正解でした。我慢すれば走れるくらいになったので、今後水ぶくれができたら早めに抜いちゃおう。

ここは装備チェックもありました。
隣の女の子がライトを忘れて1個しかないそうだ。
私は後半ハンドライト2灯で行こうと思ってたので3個あったので、1個貸してあげました。
ゴール後なんて会える気しなかったので実質あげちゃった。お気に入りのジェントス。

ここからは試走していたので懐かしく楽しかった。
やっぱりこの先どうなってるかで気持ちにも余裕が出るので試走はした方が絶対いい。

山中湖きららに到着~
雨足もだいぶ強くて超寒い。
ココで防寒。サロモンのロンTとタイツ着用。そしてレインウエア上下装備。
じっとしてると寒いので冷える前にエネルギー入れて再出発!

テントの中にはたくさんの人が居たけど誰も出て行かない・・・寒くて出て行けないようだった。
出て行くときはみんなに応援されて勇者扱い。ちょっとしたヒーロー気分だった(笑い)

1300mほど上ったら大雪・・・
行ってみて杓子に上がれないようだったら嫌なので山頂待機のMF役員さんに本部に確認してもらった。
自己責任で・・・
行く行かないは選手次第。
半分以上の選手がココで引き返した。
私を含めた4人だけが先に進んだ。
しばらく進むと2人の選手が戻ってきた。やっぱりこの先もやばいらしい。
次のエイドA8二重曲峠までの脚は残っている。杓子にも登る気だから当たり前。
薄手のダウンもまだ着ていない。濡れていないので最後の手段としてとってある。
でも行ける自信は90パーセント。この豪雪10パーセントは何が起こるか分からない。
足の指先の凍傷とかガッツリ足を痛めて身動きがとれなくなったり、他のメンバーが動けなくなる可能性もゼロじゃない。
そして調子の悪い状況でのUTMF出場に際し一人反対していた娘の言葉
「無理しないでね」これはずっと言っていた。
前日もその前も、大会中の電話でも・・・
フィニッシュする事が正義。そんな風に思ってたしかに今無茶をしていると思った。
止める勇気・・・あ~それが今なのか・・・

前を走る3名に戻る意思を伝えた。
「OK!気をつけて!」って言われたが、そっちがだよ!って思った(笑)
引き返し始めて直ぐMFの役員さんが中止を知らせに走ってきた。
先に行ってしまった選手にも知らせて欲しいとの事で、今大会一番ガンガン登りを駆け上がった。
追い付いて理由を伝えたが、やっぱり行きたかったみたい。
2019UTMF115
2019UTMF116
2019UTMF119

きららに戻ってきたらテントの中はごった返していた。
バスの乗車受け付けも始まっていた。
バスを待つこと4時間。
その間に富士山も顔を出しいい天気に
2019UTMF118

バスに乗ってフィニッシュ会場大池公園に帰ってきた。
2019年のUTMFは本当に終わった。
と、思っていたが駐車場への移動はどうするの?

聞くとPM8時に出るという。
今は7時10分・・・
着替えも無いし、ウエアもまだ雨で濡れていたので超寒い・・・

途方にくれていた所救世主登場。
偶然お会いする事ができたランニコの崇さん。
真っ暗なあんなにたくさんの人の中で会えるなんてホント奇跡。
駐車場まで乗せて行って貰える事になりました。
30分あんな吹きさらしの状態で居たと思ったら・・・
ホントありがとうございました。

10時には家に帰ってきて温かい風呂にも入ってビール飲んで終了~

2019年1月22日 

この記事はブロとものみ閲覧できます

2017年6月4日 八王子丘陵ファントレイルin太田 結果

第3回大会です。
地元開催&鏑木さんプロデュースの大会でロングの部(24km)に3回連続出場しています。
中2の息子は10kmのハーフにエントリー、トレランデビュー戦でした。

am9時15分 ロングの部のスタートになります。
仲間を見送ります。

2017ファントレイル太田

ハーフの部のスタートはam9時40分で25分のタイムラグがあります。
いよいよスタート。
ロングの部に出場している私、本当は既にスタートしていなければなりませんが、タロ吉のロストが心配なので
てロングの最後尾どころか25分遅れでスタートします。

運動公園内ではZENSUKEさんが応援にきて下さっていました。
サプライズに元気がでました。

トレイルに入る前の位置取りが肝心と思ったので、タロ吉をプッシュ、プッシュで20番位でトレイルへ。

トレイル入って何人かに抜かれましたが、まだまだ序盤、ペースを維持。
階段では渋滞~。
階段で楽した分5kmまでは登りも ほぼ走ります。

2km位でロングの部のスイーパーを抜きました。
これで最後尾から脱出。
 
タロ吉は登りが得意のようで、私のペースに全然付いてくる(笑)

若い警察官が5人ほど「POLICE」のタスキを掛けて走っていましたが、
4km位までにタロ吉は登りで全員をパスしちゃいました。

ロングの選手と入り混じりながら5km通過
ここからは傾斜角度も上がるので歩きが入ります。

ロングのペースに飲まれないように声を掛けながら抜かせて貰います。

タロ吉は身長が中2の平均に満たないどころか、小学生レベルなので目立つ。
スゲー応援されてました。

私と同じように褒められたり応援されると調子に乗ってしまうタイプなので、5kmを過ぎてから、ますます々ペースUP。

予想以上にタロ吉ががんばっているので、ハーフの部に参加で落ちてきた選手を一人ひとり着実にとらえていきました。

トレイル入って早々に抜かれた数人の選手も抜いたし、
順位も大分良いところにいるのが分かりましたので、ここからは順位を落とさないようにする為、
タロ吉を前に走らせ、登りをあおってやりました。(超スパルタ!)

いよいよキャンプ場エイド。
一緒に走れるのはココまで。

11kmのハーフはここから会場の北部運動公園に帰ります。
24kmのロングはここから東毛青少年自然に向かいます。

タロ吉とはハイタッチで分かれて、ここからはどこまで行けるか自分との勝負。

まだまだ足は余裕だったので、何百人も抜けました。
この大会はすれ違い区間がありますが、10kmをモタモタしているとロングのトップグループに会えない恐れがありましたが
タロ吉ががんばったおかげで、トップ集団のの仲間にも何とかすれ違えました。

自然の家までもほとんど走れた。
自然家エイドはいつも一瞬で通り抜けますが、今日は2分位滞在。
知り合いにキュウリと声援を貰って再スタート!

いつもココからの登りはヒーヒー言ってますが、ちょっと余裕があったので走れました。

あとは帰るだけ。
すれ違い区間の渋滞にハマリながらも少しづつ順位を上げていきました。

21km地点のキャンプ場に帰ってきた~!
焼き饅頭なんか食べてる余裕が無い。水2杯を飲み最後のロード。

4分10秒のペースで数人を捕らえました。
峠越えも走りましたが、流石にペースダウン↓全く余裕が無くなった・・・出し切れている。
北部運動公園西の登りでは、もう歩いてしまおうかと思うくらい疲れた。

最後の坂で1人抜き、抜き返されないように必死に足を出してゴール!
タイムは2時間51分30秒 
順位は39位/約400

25分のタイムラグを引いてみるとタイムは2時間26分30秒
8kmまではタロ吉のペース、その後も渋滞などに捕まりましたが第1回と同じ位のタイムで決して遅く無かった(笑)

タロ吉のトレランデビュー戦の結果jは12位/約350人
タイムは1時間00分00秒
ク~惜しい!あと1秒早ければ1時間切れたのに。
親バカですがデビュー戦にしては素晴らしい結果だったと・・・
抜かれるのも時間の問題~

2017ファントレイル2

2017ファントレイル1

2017ファントレイル3
鏑木さん私の事覚えていてくださいました。
「おっ!今年もがんばってね!おととしのチャンピオン!」って(笑)
おまけにタロ吉もゴール後の鏑木さんからのインタビューでゼッケンの名前をみて「お父さん早いよね!」って名前まで覚えてくれているみたいでした。

備忘録
7時30分に家を出たが上の駐車場は満車でした。
辛うじて下に停める事ができたが、来年からはどうするか考え物。今年みたいに下が空いていれば良いが。。。
飲み物はスポーツドリンクをサロモンのボトルに入れて500cc
タロ吉と飲んだが、エイドもあるので500は要らない。
途中で半分捨てた。
終わった後は、前田さんと近所の風呂に行って、その後はジョイ飲み。飲みすぎて帰ってきて寝てしまった。
トレニックワールドの疲れも一切抜けてしっかり走れて良かった。

2017年5月6日 前田さんと織姫⇔行道山ピストン 13km

キャンプも無事?終わって午後からタロ吉の体操教室。
前田さんとRUNに行くタイミングが重なったので、一緒に織姫⇔行道山のピストンをする事になりました。

ちょっと遅くなり1時10分、前田さんをピックアップ。
1時35分に体操教室にタロ吉を降ろして、織姫神社に向かいました。

ザックは最近毎日のようにお世話になっている吉村さんから戴いたキリアンザック。
ウェイト用で2リットルのペットボトルは入るし、500mlのペットボトルは2本も入るしで、至れり尽くせり。
もう このザックは手放せません。

スタート時は曇ってて500mlのペットボトル1本で大丈夫って思ったけど、スタートして間も無く快晴!
暑くて汗が止まらない。

スタート時は袖なんかつけて走っていたのに、暑くて袖なんか付けてられない程熱い!

浄因寺行って水補給。250ml→水追加でMAX500mlに復活。

帰りは更に日差しも暑くなり両崖山を過ぎた辺りで水はほとんど無くなった。

織姫神社に戻ってきて2時間30分
暑さの為か非常に疲れた・・・。

その後は【幸の湯】で汗を流して体操教室に子ども達をお迎え。

P-子が「前田さんに見て貰いたい」って言うもんだから前田さんと体操見学。

充実した1日になりました。前田さんありがとうございました。

ゴール後
2017GW前田さんと行道山

2017年4月15日 織姫神社⇔両崖山ピストン

今日は小学校の退任された先生方の退任式にお呼ばれされていたので会社はP半休。
退任式まで時間があったので金山トレラン8kmコース+桜花見の為ロード4km

夕方は子供を体操教室に降ろして織姫神社に向かいました。
大分日が伸びました!
今の時間は17時45分!
まだまだ明るい!

急げば両崖山まで行って帰ってこれるのでは?と思い一応ヘッドライトをザックに入れて織姫神社階段下からスタート

結構速めに太陽が雲に隠れて来ちゃって3回位引き返そうかと考えちゃいました。
行きでペースが落ちている所が迷ってる所(笑)

最後は行っちゃえ~ってぶっ飛ばしました。

予定通り両崖山山頂の足利城本丸跡まで行って、休む間もなく折り返し。

織姫神社の階段下まで戻ってきて 29分44秒 距離は4.3kmでした~

その後は織姫階段10で終了~

20170414.jpg


プロフィール

乱猿

Author:乱猿
群馬県太田市在住で2017年で40歳
【走る事】【陸上競技】に 全く興味も
経験も無かったオッサンが2011年より
突然走る事に目覚め 更には
トレイルランニングにも手を出す始末。
ハセツネSUB12→SUB11を目標に日々トレーニング。

カテゴリ
カレンダー

05月 | 2019年06月 | 07月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


アクセスカウンター
リンク