2017年3月26日 第10回仙人ヶ岳トレイルランレース 

前日の土曜日・・・

息子は一日体操教室、嫁と娘はイオンで開催されるイベントに参加するとの事。
じゃぁ息子を体操教室に送ったらイオンで合流する感じかな?と思いきや、「女子会だからパパは来なくていい」って・・・

えっ!!俺は何すればいいの?
乱猿家にも とうとう来たのか・・・子供のパパ離れが・・・

そんな訳で急遽一人ボッチになってしまったので、ボッチ山RUNしてきました。
次の日には仙人ヶ岳があるので軽めに 織姫神社⇔浄因寺ピストン12キロ?

嫁がお弁当作ってくれたので、お弁当持って Highキング。
天気は快晴。ハーフパンツとTシャツで気持ちよく走れました。

次の日・・・
朝起きて外が騒がしい・・・前日の快晴からは想像できない程のガッツリ雨・・・

超~寒いし・・・
ウィンドブレーカー着て走ろうかと思う位に真冬並みの寒さ・・・

6時に前田さんをピックアップして途中コンビにでおにぎり1個ブリトー1個、ポカリスエット1リットルを飲み食いしながら
仙人ヶ岳に向かいました。
ポカリは全部は飲みきれず700ml消費。

真冬並みに寒くて何着て走れば良いのか分からない・・・
いくら寒くても17kmのショートレース、脱ぐ暇な無いしウィンドブレーカーは止めました。
これは正解。全く寒くないどころか、ノースフェイスのジップを下ろす位に途中暑くなりました。

スタート前にはZENSUKEさんとお話できました。
今日はDNSだそうで残念です。
かなりスリッピーな状況が予想されますので、多分かなりの人がDNSを考えたと思います。
駐車場の車自体も例年より少なかった気がします。

8時スタート
一応最前列の端っこからスタートさせていただきました。
先頭集団が速すぎて、ロード5kmが全くついていけない・・・
ちょっと最近走力上がった?なんて勘違いしていましたが自分の弱さを再認識しました。
TOPとは4分差をつけられる程・・・

山に入る時には団子状態の14番手。

相変わらず最初の登りはキツイ!
前の人が自分のペースよりチョット速いイイペースなので、ついて行かせてもらいました。

【石尊山山頂】45分
何とか前について行きイイペースで登りきりました。
去年よりちょっと脚に余裕がある感じがありました。

深高山の手前で前を捕らえた。
3人で猪子峠まで順位が入れ替わりながら進みました。
これは良かった。
譲り合って先頭のペースで並んで走るのでは無く、隙あらば前に!前に!で3人ともガツガツしていたので
かなりハイペースで走れました。
深高山山頂54分

最終的には試走の差?で抜き所はココだ!って激下りの巻き道で一番後方から先頭に出ました。

【猪子峠】1時間2分
3人の差はほとんどありませんが、先頭で入れ、そして、ここからの登りは勝負所と思い、
キツイながらも吉村走りでグングン駆け上がりました。

かなり差をつける事ができましたが・・・

ここで靴紐がほどけてしまいました。

かじかんだ手で靴ひもを結ぶ。
ギリギリ追い付かれませんでしたが、先ほどがんばったのに貯金はゼロになってしまいました。

次に目指すは犬帰り

途中、抜き返されてしまいましたが、もう一人 前を捕らえて4人集団の2番手で犬帰りに到着1時間20分。
前に人が「お先にどうぞ」との事でありがたく先に登らせて貰いました。

ここからは単独走となり自分のペースで走りましたが、直ぐ息が上がってしまう。。。
濡れた岩で滑った。手を着いて転倒は回避できたが手を擦り剥いた。
ゴール後手袋取ったら血だらけだった・・・。

熊の分岐に到着
先頭集団はすでに折り返し済みでした。チーン。

ここは折り返し区間なので前との距離感が分かります。
往路では4人?5人?マーシャルさんともすれ違いました。
残念ながら前はとても追い付ける距離ではありませんでした。

山頂付近では雪がチラチラ降っていて薄っすら積もっていました。

【仙人ヶ岳山頂】1時間53分
ゼッケンにチェックをしてもらい復路。
ここからは後ろとの距離を確認できます。

偽ピークの下り口ですれ違った。
普通に走れば追い付かれる距離ではない事が分かった。

いいのか?悪いのか?トラブルがなければ、もう順位は確定となったので、後は怪我無く帰るだけ。

脚はまだまだ元気!下りも気持ちよく飛ばせた。

今日一番楽しかった!すごく楽しかった!

あっと言う間に残り2000m・・・1000m・・・
順位は変わらないし、別にタイムも気にしないけれど出し尽くしたい!って思いで最期までガッツリ走りきりました。

雨の中、真冬並みの寒さの中沢山の方に迎えられてゴール!

タイムは2時間14分
順位は9位

抽選ではイチゴは当たらず・・・
温かいけんちん汁は美味しかった。

タイムは思った程良くは無かったが今までの4回出場した中でナゼか一番楽しかった~!

こりゃまた来年も出るしかないな。
2017sennnin.jpg

2016年3月27日 第9回 仙人ヶ岳トレイルランレース(17km)

2年ぶりの仙人ヶ岳トレイルランレースでした。
 
前日は茨城のおばあちゃんの米寿のお祝いで孫、ひ孫が勢ぞろいしました。
楽しくて酒がすすんでしまい、もうベロベロ~
飲みみすぎてしまいました。
おまけに3直開けだったので帰りの車では爆睡・・・。
帰ってきて風呂入ってすぐ寝ました。

朝は6時10分に前田さんを迎えに行ってから仙人ヶ岳に向かいました。

P1010288_2016032715442924c.jpg

7時ちょっと前には着きましたが、いつもより車が一杯で、いつもよりちょっと遅かったみたいです。

ウエアはいつものノースフェイスと袖無し、タイツ無し、手袋は指有り。

アミノバイタル顆粒と今回はスポーツ羊羹をチョイス。

シューズはアディゼロで行くか、アディダスのトレイルシューズで行くか、普段履きになっているナイキのライバルで行くか
悩みましたが、今年は雨も降っていないので先日のフルマラソンを走ったアディゼロで行くことにしました。

今年は第5回トランスジャパン・アルプスレース優勝者の望月将悟選手筆頭に凄いメンバーが出場するそうで、どう頑張っても、あがいても賞品の「いちご」は貰えない。
って言うか10位以内も無理なのが、スタート前から分かっていたので、逆にリラックスしてスタートする事ができました。

目標は前回の自分を越える事!(2時間17分)

スタート前にはZENSUKEさんと会えました。
仙人ヶ岳トレイルランではZENSUKEさんに挨拶しない事には走れません。

スタートと同時に20人程の集団が飛び出した。
最初はロード5kmをひたすら下る。

例年以上にペースが速い。
キロ4分では置いていかれる。
上げたくても背中の米(5Kg)がずっしりと背中を引っ張る・・・

20人は2つのグループに分かれ、先頭集団は見えなくなってしまった。
遅いグループの最後尾につけ、キロ4分、心拍数はMAX状態でトレイルに入りました。

早速後ろから気配を感じたと思ったら抜かれた。

石尊山の山頂までは息が全く整うことは無かった。
山頂通過は45分
フクラハギもまだまだ序盤なのに、信じられない程パンパンに張っている。

この時点で23位でした・・・
しかし決して調子は悪くない。今年は先頭集団が速すぎます。

深高山山頂は54分
少しづつ前を捕らえ始めたが、抜いたり抜かれたりした為、
自分が何位だか、もう分からない。

同じペースの3人で走る時間が多かった。
1人は八王子から来た○川さん、もう一人はフラットと登りがメチャメチャ速いが、急勾配な下りが苦手そうな方。

犬帰りの手前で1人増え4人になりました。
鎖場では1人登っていて、1人待ち、そして、今到着した私たち4人。

待ち4人目・・・

登りが早い方と、一瞬迷って、2人で巻道へ下りました。
かなり下↓されて、次は登り↑

そして鎖場コースとの合流では、私の前に並んでいた方と同時に合流!

2分位短縮したが、かなり足を使うので、どっちが良いかは分からない。
待ちが4人居たら悩まず巻道。
3人だったら待った方がbetter。でも、やっぱり2分削りたいなら巻道かな?

ここからがまたキツイ所、仙人ヶ岳山頂まで登り、登り、登り。

この辺りでは16位になっていました。
いつの間にかに順位アップ。

順位はもう気にならない。時間だけ・・・
仙人ヶ岳山頂では1時間55分

何人か抜いて熊の分岐まで帰ってきたら前後に誰も居なくなってしまった。

あとは激下り↓

前後に全く気配が無くなり単独走。
沢もジャブジャブ足を突っ込んで激走?

いくら飛ばしても前が見えない。
後ろも来ないって事は遅いって事もないだろう。

気持ちよくトレイルを下ってきて残り500mのフラット!

メチャメチャ疲れてはいるが楽しい!
沢山の地域の方の声援を受けてゴール!

タイムは2時間14分18秒 
順位は13位
P1010293_20160327154450af1.jpg


自己ベストを更新したし、悪くないタイムだが・・・
前にあと13人、時間にして10分は縮めないと勝負にならない事を痛感しました。
来年はもうちょっとがんばります。
P1010291.jpg

2015年 仙人ヶ岳のハガキ到着

P1010301.jpg

ゼッケン4番!

2014年3月30日 【第7回 仙人ヶ岳トレイルランレース】

2014年3月30日
第7回 仙人ヶ岳トレイルランレース
 

レーススタート数十分前までは雨だったのですが、雨はかろうじて上がり、気温は風が無かったので例年よりも暖かく感じました。

今日の格好も いつものノースフェイス一式(上下、サンバイザー)+しまむーで嫁に買っても貰ったNBのタイツ、ノースの袖、シューズはノースのシングルトラック。

飲みのはサロモンのボトルポーチに500mlのメダリスト&パワーバーの梅味

おととい、昨日と野暮用で走れず・・・おまけに昨日の夜は会社の宴会で、普通に飲んじゃいました。

朝5時に起床し、6時10分に市役所近くのボーリング場に○井さんと○藤くんと待ち合わせして仙人ヶ岳に向かいました。

6時45分頃到着。○原さんに連絡し合流~。

そして2年前の富士登山競走5五合目 で一緒だった同じ会社の先輩 長○さんを探してみました。

「あれ!?」なんと車は隣に駐車されていた為、5秒で見つかりました。

あとはZENSUKEさんに今年こそ、直にご挨拶したいと思っていました。

スタート前にご挨拶できました。
一緒に写真をお願いしましたら、ZENSUKEさんが「荒○さんも!」って言って頂き 昨年、今年一位の荒○さんも一緒に撮って頂きました。ありがとうございました。

P1010027_201403301346506da.jpg


ハセツネの途中で お声をかけて頂いた マーシャルさんとも会え、会いたい人全員とご挨拶する事ができて、リラックスした状態でスタートを迎える事ができました。

最初は下りのロード5km。

今年の仙人ヶ岳トレイルランレースの私のテーマは『とにかく前へ!』でした。

いつもは このロード 集団に埋もれながら体力温存しながら走っていましたが、今年は攻めました。

って言っても、1位~5位の上位集団には とてもついて行けません。

6位からの集団には一応ついて行き、7位でトレイルに入りましたが、すぐに1人に抜かれました。


その人は登りが強い!その方の背中を借りて見晴らし台を目指します。

そして1人の背中を捉えた。


2人で抜かせて貰いました。が、見晴らし台からの下りで再度抜かされました。


その方は下りが 超早!

石尊山頂からの下りで、見えなくなってしまいました。


しばらく2人の 2番手で楽させて頂きましたが、『とにかく前へ!』の気持ちで、
深高山頂からの下りで抜かさせてもらいました。


そこからしばらく前後に人の気配が無い状態が続きました。

前は全く見えない・・・


猪子峠手前のロード、猪子峠では、沢山の声援を頂きました。

「7位!7位!ガンバレ!」って


猪子峠の先の登りを登りきる辺りで 一人の背中が遠くの方に見えてきた。

下りが 超早 の方だ!

ここでパワーバー投入~


犬帰りの手前で 下り超早 の方に やっと追いつく事ができ 犬帰りの鎖場には2人同時に到着。


この鎖場は2人同時に登る事はできません。

半分以上 前の選手が登るのを待ちます。

私は 後ろの選手にに追いつかれ無いか ドキドキしながら、30秒位待ち・・・


鎖登りGO! が掛かりましたので、チャッチャと登っちゃいます。

「楽し~!」


下り超早 の方は鎖場が 初体験だったようで、直ぐに追いつきました。


まだまだ登りが続きます。

登りで 下り超早 の方に抜かせて頂き6位になりました。

後で聞いたら、は登りが苦手と言うかキライ!だったそうです。


ここから熊の分岐までが、またキツイ!


前後に人の気配が無いが、後ろから追いつかれるのを恐れながら、淡々と足を進めます。


今日は調子が良いのか?

ちょっとした登りでも走れる!


熊の分岐に到着~。


前の方は5分以上前に通過との事・・・

更にスタート前に 一緒に写真を撮らせて頂いた、1位の○井さんは既に折り返し済みでした。


もう 前に追いつく事は不可能なので、後ろに追いつかれない様に 仙人ヶ岳まで、走れる登りは走りました。


仙人ヶ岳到着2時間1分。


熊の分岐までの復路は選手が連れ違います。

選手同士の励まし応援があるので、元気がでます。


マーシャルさんともすれ違えました。


熊の分岐では気持ちを切り替え、転ばないように集中し直しました。

ここからは大の苦手な沢の激下りなのです。


ここからはマジでやばいです。

いままで ここの沢下りで何回転んだ事でしょう。
顔面から突っ込んだり・・・

ちょっとのミスで吹っ飛びます。

相変わらず前後に 人の気配はありませんでしたが、攻めた走りができました。


沢ではスネまで水没したり、小転倒、大転倒と2度転び泥だらけになりながらも、ガンガン走れました。


全パワー出し切って 沢山の応援の方に迎えられながらのゴール!


なんと6位!で一応入賞~!


地元の皆様 本当にありがとうございました。今年も楽しかったです。


【5位、4位、6位】P1010044_20140330134654658.jpg
【photo by マーシャルさん 】ありがとうございました。

偉そうに4位、5位、6位の表彰台に立たせて貰っていますが、実は5位の方とは10分以上タイム差があります(涙)

でも何でも良いです。
ZENSUKEさんの隣に立たせて頂けただけでも私には光栄な事なんです。

P1010046_20140330134655c21.jpg

相変わらす仙人ヶ岳トレイルランレースは、超warm で 超HARD で 超HPPY な大会でした。


「乱猿さん」って何人もの方にお声をかけて頂きました。
「足首大丈夫ですか?」とか「ハセツネ備忘録参考になります」とか・・・超嬉しです。

あっレースには参加されて無かった方にも、ロードとトレイル中に「乱猿さん!」ってお声を掛けて頂き元気でました。

みなさん、こんなつまらないブログなのに見て下さっているなんて・・・

ありがとうございます。また、いつでも声かけてくださいね。

2013年12月4日 仙人ヶ岳トレイルランレースの申し込み到着

第7回仙人ヶ岳トレイルランレースの申込書が来ました。

たかが17.3km 標高911mなのですが、メチャメチャキツイ!

毎年、天気に恵まれないし・・・


不参加?

イヤイヤ、モチロン参加ですよ!


えっくすライダーさん、GAROさん、なおちゃんさん、大会後は反省会の時間を空けておいて下さいね~。

プロフィール

乱猿

Author:乱猿
群馬県太田市在住で2017年で40歳
【走る事】【陸上競技】に 全く興味も
経験も無かったオッサンが2011年より
突然走る事に目覚め 更には
トレイルランニングにも手を出す始末。
ハセツネSUB12→SUB11を目標に日々トレーニング。

カテゴリ
カレンダー

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


アクセスカウンター
リンク