2015年 第21回野辺山ウルトラマラソン

2015年5月17日(SUN)
第21回 星の郷八ヶ岳野辺山高原100kmウルトラマラソン 

そんな訳で怪我の悪化を心配しながら、完走できるか分からないウルトラマラソンに参加してきました。
そんな訳・・・


まずは装備
いつものTNF一式と朝寒いかな?って思ってナイキのタイツ
タイツは朝は良かったケド昼間は暑かった~
あと黒いウエアも暑かった・・・
P1010349.jpg

写真+コムラケアとロキソニン各4回戦分
42kmまで分です。
P1010350.jpg

持ってスタートしたエネルギー全消費。
42kmで受け取り
P1010351.jpg

72kmで受け取り
P1010352.jpg
メダリストの顆粒があったら良かった・・・あとボトル・・・
80km過ぎてからのメダリストは元気が出そう。


朝はGAROさんを0:00に迎えに行き、会場近くの駐車場に2:30に到着!
超近くに車を止める事ができました。

P5180354.jpg

AM5:00過酷な野辺山100kmがスタート!

焦らず急がず、とにかく足の怪我の悪化と延命に気を使って走りました。

日本の普通鉄鉄道の中で一番標高の高い 野辺山駅
今思い出した。
写真ボケてるけど手を振っている方は24時間テレビのマラソンで おなじみの坂本雄次さんだった気がします。
P5180355.jpg



駅を過ぎるとトレイルの始まり~
石がでかいので走りにくい。足首をグネッてしまうと、十字靭帯にもかなりの負荷がかかると思い
このトレイル区間は下しか見ないで走りました。
とにかく省エネ走り。
P5180356.jpg

いい景色が何度もありましたが、写真を撮る余裕はありませんでした。

コース最高地点!
6時34分
P5180359.jpg

ここを過ぎたら目指すは【稲子湯】

トレイルの激下りを降りきったら前回はスルーしたエイド
すでにモモがビンビン・・・
あと右足首が靴ひもの縛り過ぎで激痛・・・。コムラケア投入。
7時15分
P5180360.jpg

まだか?まだか?

35km地点
やっと稲子湯に到着!こんなに遠かったっけ?
8時25分
P5180364.jpg

ここは大きなエイドで沢山の人がこの後の激登りの為に栄養を蓄えます。
おしるこ、コーラ うまい!
激上りの後の下りの為にロキソニン投入。
P5180365.jpg

42kmまでの下りは中々の急勾配。
今回は草道よりもロードの方が楽に感じた。
P5180366.jpg

42km finish 第1関門
9時11分
ここまでにエネルギーは全て消費していたので、準備した物全て搭載し再スタート!
P5180368.jpg

まだまだ続く下り坂~。13kmず~っと下り~。
P5180373.jpg

今年は少なく感じた私設エイド・・・
この当たりでは日差しが暑くてここの氷入りの水は美味しかった~。
P5180374.jpg


50km地点 第2関門
10時00分到着!
楽しみの1つ そば!
P5180377.jpg
P5180378.jpg
P5180380.jpg

暑いので給水をこまめに取りたが、ボトルを持っていないので、私設エイドはホントにありがたいです。
また、プラスチックのコップでは無くて、ワンカップのガラスのコップで飲む水が これまた美味い!
P5180381.jpg

地獄の2号線まえの折り返し区間前。
P5180383.jpg

折り返し区間は今回もキツかった~
でも前回よりも足に余裕があった感がある。

59km地点北相木村役場
11時00分
P5180385.jpg

ハセツネ・富士登山競争・はなももマラソンで度々お会いする事ができる 【よっちマンさん】
元気貰いました。
ロングも走れるしフルマラソンもサブ3ランナーです。スゴイ!
P5180384.jpg

ここから苦手な2号線を走って、いよいよ71kmのfinish滝見の湯に向かいます。

【おかま道】
このオカマさん こんな格好してナヨナヨしながら超早い!
ぶち抜かれました。
P5180386.jpg

2号線のダラ登りに撃沈されペース駄々落ち・・・
71kmでDNFの理由を探しながら気力を振り絞り、ボロボロになって71km 第3関門到着
12時30分
P5180389.jpg

足はかなりキツイ!モモの内側膝のすぐ上の筋肉が何度も攣った。
とにかくモモが痛い。
十字靭帯も足首もまだ我慢できるレベル。

足が痛いだけではDNFの理由にはならない。
マッサージして貰って携帯するエネルギーを入れ替えて、さて馬越峠に向かうかと立ち上がった瞬間・・・

71kmのfinishで聞き覚えのある名前が!
「ゼッケン○○○○ GAROさん finish!お疲れ様でした~」

戻って「お疲れ様でした」と言いたかったですが、コースを戻る程の気力は無く
71kmエイドを後にしました。

P5180391.jpg

いい感じのペースの人の背中を借りて76km地点の馬越峠手前のエイドに13時00分に到着。
P5180392.jpg

ここで71km地点で摂ったアミノバイタルのフタ付きボトルの存在を思い出し、これに水を入れて貰った。
これが大正解。
大した量は入らないが口を潤すには十分。
たかが3kmの登りに1時間近くかかる為、今回のような暑い日には給水必須。
ホント助かった。

馬越峠をなんとか登りきった。
第5関門 時間は13時54分。
どこのコーラも美味しいが、やぱりここのコーラは格別!
誘惑に負けて3杯飲んでしまい後悔・・・
P5180397.jpg

これから今レ大会で最大の激下り!
コーラでお腹が膨れてキツイ!
今後は1杯で辞めておこうと思います。が・・・うまいんだよな~あと1杯!

激下りは頑張ってペースアップ!って言うか、自然に上がってしまう。
ブレーキを掛けると膝に負担が掛かるし・・・

80kmを過ぎた所でガーミンがお知らせ。
電池残量LOW!
時計は活かしておきたかったので、GPSをOFF。
「新記録達成!最長走行距離81km!」
いや・・・まだ19km走るから・・・
P5190411.jpg


下りきって、フラットを5km程走りますが、これまたキツイ・・・
川沿いをひたすら、淡々と走ります。

もう限界・・・歩いてしまおうと何度も思いましたが何とか走って87kmエイド第5関門到着。
14時46分。
なんでこんなに笑顔なのか?余裕?100%カラ元気です。
P5180401.jpg

馬越峠の下りから平坦、87kmエイドまで頑張り過ぎてしまい。もう限界・・・。

再スタートの気力が沸かない。一緒にエイドに入って来た人達を 余裕で見送りマッタリ・・・。

あぁあの大きなプールに飛び込みたい。そしてもう止めたい。そんなつまらない事を考えて座っていても距離は縮まらない。
ここからなら歩いてでも制限時間に間に合う。
重い腰を上げてトボトボ歩き出すが、みんなは走って行く。
しょうがないから90kmまでは頑張って走ろうと決意。

ホントキツイかったが90km計測地点
P5180402.jpg

90kmまで無理して頑張って走ったのでココの登りは走る気ゼロ!
ガンガン抜かれます。

だが歩きのペースでは時間ばかり過ぎて距離がちっとも縮まらない・・・
目標があれば少しは走れるので、延々と続く電柱を目安にする事にした。
2本分走ったら1本分歩く!2本分走ったら1本分は歩く!

これがハマった!
抜かれる事が無くなったし、なぜか前に追いついて行く。

残りわずか。あと5km?
いやいやまだ残り5km・・・地獄は終わりません。
まだ5kmも有る・・・キツイ・・・止めたい・・・
あと僅か5km頑張ろう!って気持ち何かは全~く起きない。
P5180403.jpg

96.7kmの最後のエイドも通り過ぎしばらくすると会場のアナウンスが聞こえて来た!が・・・
まだまだ残りは3kmあります。

相変わらず走って歩いての繰り返し・・・
影もこんなに長くなってしまいました。
P5180404.jpg

残り2kmでゼッケンNOが普通は4桁なのに5桁のランナー並走した。
そういえばレース中何人か居たが、その意味は分からなかったのですが、
併走しているランナーに沿道の方から「デカフォレストおめでとう!」なんて声援が飛び交う。

多分5桁ゼッケンは野辺山ウルトラマラソン10回完走すると貰える称号【デカフォレスト】にリーチって事のようです。(多分)
1km背中を借りて走らせて貰いましたが、もう限界・・・

最後のストレートを元気に走りきる為、体力温存するか・・・と思って、並走から離脱しようと思った瞬間・・・

見透かされた!

最後の1kmを頑張って走切ろう!
俺はウルトラマラソン何十回もかんそうしているけど、
ラスト1kmは、どんなにキツくても99km走って来たのは、この1kmの為と思っている。
頑張ろう!
そんな言葉をいただき、完全に折れかけていた気持ちが持ち返した!
100kmの中で最高にキツく、最高に充実した1kmになりました。

100km完走 + 一度折れた気持ちを立て直す事ができ、気力で1kmを走りきれた事で、
最高の達成感でゴールする事ができました。
P5180405.jpg

100kmはタイムは気にしない。
ゴールできれば良いんです。
P5180407.jpg


2015年 第21回野辺山ウルトラマラソン DNS? or DNF ?  なんだかんだ言って?

2015年5月17日(SUN)
第21回 星の郷八ヶ岳野辺山高原100kmウルトラマラソン 

実はギリギリまでDNSを考えていました・・・
4月24日(大会24日前)PTAの歓送迎会の2次会での話です。
1次会は結婚式場で、2次会はスナックに行きました。

変わったスナックで飲み物はセルフサービスなんです。
宴も中盤、さてもう一杯と、席を立った瞬間つまづいた・・・
「おっとっと」と前の誰も居ない椅子に膝を着いた・・・

激痛!着いた膝では無く 膝の関節が・・・
どうしてそうなったのか酔っていたし自分でも分からない。
次の日からは地獄でした。
朝起きても立ち上がる事ができない。
ちょっと力を入れると膝の裏側が悶絶する程の痛み・・・
全く歩けない・・・
痛すぎて足を上げる事ができない。

それから毎日接骨院に行って鍼治療し、なんとか歩けるようになるまで4日かかりました。
日に日に良くなっては行くが、とても走れる状況ではない。
1週間接骨院通いが続きGWで接骨院はお休みになりました。
GW中はもちろん NO RUN 。

野辺山に出る方は最後の追い込みトレーニング中の所、私はと言うと毎日庭でバーベキュー!
暇で暇で・・・飲むしかないでしょ!

大会まで1週間前に10kmは走れるようになったが、
大きな足の蹴り上げとピーンと膝を伸ばした動きをすると、膝の後側に激痛が走ります。

3日前にはランニングを止め回復に努めました。
前日になっても相変わらず・・・
テーピングでカバーするしか無いと考えネットで調べて「膝 後 テーピング」で検索した所、
私と同じ症状が乱立!
それは・・・
【膝後十字靭帯損傷】
膝の下~すね辺りを強打すると発症するらしい。
思い出してみると、そういえばそうかもしれない。
膝というよりもひざ下、膝を曲げた状態で体重を載せてしまったようだ。

間違いない。これだ!

その日に接骨院に行って先生に伝えてみた所・・・

膝関節がユルく、状況から言って確かにそうらしい。
「整形外科に行った方が良い」との事・・・
大会前日に発覚。何て事だ・・・

早く分かっていたら処置方法も変わっていたと思う。

参加しても完走できなかったら、メダルを貰えなかったら意味無い。
DNSを考えたが、参加料の事を考えるとそれはできない。

結局の所テーピングをガッツリして出場してきました。
第21回 星の郷八ヶ岳野辺山高原100kmウルトラマラソン本編

2013年野辺山100kmマラソン完走証

完走証が届きました。

FINISH TIME 11:45:42

順位225位/完走1164名

10km 1:02:37

20km 2:10:05 (1:07:28)

30km 3:12:26 (1:02:21)

40km 4:18:37 (1:06:11)

50km 5:19:23 (1:00:46)

60km 6:29:54 (1:10:31)

70km 7:46:09 (1:16:15)

80km 9:21:38 (1:35:29)

90km 10:27:03 (1:05:25)

FINISH 11:45:42 (1:18:39)


70km~80kmは馬越峠区間の為、+20分は想定内。

思っていた程、区間タイムに変動が無いのは良かった所かな?

90km~100kmまでが一番ペースダウンしてしまった事が残念です。

結果225位・・・コレは全然ダメだな・・・

2013年5月19日 第19回 野辺山ウルトラマラソン100km 

第19回 星の郷八ヶ岳野辺山高原100kmウルトラマラソン

「野辺山を制するものはウルトラを制す」と言われている程、過酷なコースのウルトラマラソンに参加して来ました。

スタートが朝5時なので2時間前には着いていたいと考え、0時に出発。

予定通り2時間30分位で到着し会場近くの駐車場に止める事が出来ました。

野辺山ウルトラマラソン、野辺山ショートマラソン。
42kmがショートマラソンって事なのか?

野辺山ショートマラソン?

当日の装備はこちら、これに富士登山競争で貰ったビニールのジャケット着ました。

靴はスタート準備の時、トレイルシューズが小さく感じニューバランスのロードシューズ1本で行き、シューズ、服装、装備選びは正解でした。

P1011210.jpg

スタート時の持ち物
テーピングはヒザと右足首にしましたが、最後までもってくれました。

P1011211.jpg

風も有り寒いです。

寒さ対策

5時スタート。

1500人が42km、71km、100kmに挑みます。

スタート直後

真ん中位の位置からスタートしたので、それ程ペースは速く無く、マッタリJOBを10km?。

スタート30分

5km、10kmのエイドはパス。

徐々に人里離れ、トレイルに突入。

トレイルと言っても、砂利より結構大きめな石の道だね。

結構走りずらく、結構足首に効きいちゃうよ~。

トレイルに入って直ぐの13kmエイドがあり、パンとバームを頂きました。

この後5kmこの走りずらいトレイルを、ひたすら登ります。

トレイル

「あっお疲れ様です」

休日出勤だそうです。

通勤RUN

八ヶ岳横岳中腹のコース最高地点

八ヶ岳コース最高点

つらい思いして登って来たのに、5kmを一気に下ります。

トレイル下り

このトレイル激下りで足首がやられてしまい、始まって20kmソコソコ、の2時間ちょいで痛みが出て来てしまいました(涙)

良い景色も一瞬で通り過ぎてしまいます。

スタート2時間

26kmエイド。

2時間45分

26kmエイド 2時間45分

やっとトレイルを出ました。

ここはタブン30kmエイドですが、寄りませんでした。

??エイド

足首がマジで痛い・・・。

やっとの思いで35kmエイドに到着。到着時間3時間45分。

ココのエイドは大きめのエイドで、エネルギー補給の為、おしるこを頂きました。

高低表を見ると、この先2kmロードを登った後、4km近くの急な下りが有るので、ココで【ロキソニン】&【足攣り防止薬】の薬物投与。

35kmエイド 3時45分

2kmの登りを登りきった辺りで【ロキソニン】が効いて来たのか、痛みが和らいだ!

薬が効いているうちにガンガン下ってタイムを稼ぐ。

40kmエイド。4時間20分。

40kmエイド  4時間20分


【第1関門】

42kmフィニッシュに到着し、ココに荷物を送っておいた。

こちら

P1011213_20130520061302.jpg

日差しが暑かったら、白いシャツに着替えようと思ったが、風があってむしろ寒かったので、着替えはパス。

タイツはココで脱ぎ、寒さ対策のビニールもココに置いていく。

中盤用のエネルギーをサロモンの3Dボトルに入れて再出発。

足首の痛みも、こんなに早くに出てしまうのは想定外、サロンパスもボトルに押し込みました。

かなり時間をロスしてしまい、こんな時間が掛かるなら送らなければ良かったと後悔・・・。

景色は最高。

42kmフィニッシュ直ぐの所

42km直後

薬物投与後の激下り→42kmフィニッシュ→50kmエイドまで15km近く下ります。

ヒザに大分負担が掛っているのは分かっているが、どうしようも無い。周りで歩いている人なんて1人も居ないし、歩いていては、いつまで経っても距離は縮まらないので・・・。

【第2関門】

標高の一番低い50kmエイド到着。

ココはうわさに聞く、そばが食べられます。

固目のそばでおいしいと思いますが、レース中なので味なんか分かりませんし、流し込みました。

直ぐ再スタート。

50kmエイド

ここから30km近く登ります。

42km地点で補給した、アミノバイタル、ちょっと高めのスペシャルジェルのおかげか、足がやや復活していた。

54km地点に到着。

下の看板真っ直ぐに進み、片道5キロ、すれ違いの往復10kmを走り戻ってくる、そして地獄の県道2号線へ向かいます。

54km地点  つれ違いまであと少し

往路は登りが多めでキツイ・・・。

復路の方がうらやましい・・・。

この区間は【デカフォレスト】(10回以上の完走者)の方の背中を借りてガンガン時間と距離を稼げました。

さすがデカフォレストさん!安定した走り。

デカフォレストさん


結構足を使ってしまいましたが、なんとか58kmエイドに到着。

58kmエイド 北相木村

復路もデカフォレストさんの背中を借りて、地獄の県道2号線に向かいます。

残り42kmフルマラソンン!

県道2号に入った辺りで、足首の痛みが少しずつ出てきてしまった。

痛いのは足首だけでは無い。

モモの上から下、ヒザの外側と右だけ内側が激痛、もう足全体が普通の疲れと痛みでは無い。

だがココの区間を乗り越えられたのは、私設エイドの存在でした。

飲み放題


知る人ぞ知る、怪しいマッシュルーム。注:食べ物ではありません。ヒザなど痛い所に塗ります。

怪しいマッシュルーム?


しかし、足はもう限界で、登りでは足が前に出ない。歩いた方が早いのでは?ってスピードでかろうじて走っている感じだ。

そんな中、ついにゴールゲートが!

71kmフィニッシュ

71kmのフィニッシュです。

100kmの人は、ただの【第3関門】関門はまだ第4、第5、第6と3箇所もあります。

そしてココまでの登りは、まだまだ甘ちゃん。

「フルマラソン完走出来る人ならココまでは来れる」と、デカフォレストの方がおっしゃってました。


本当の地獄はココからでした・・。



ペースは遅いながらも、一応76kmエイドまでは走って到着、後半の下りに備えココで再度【ロキソニン】【攣り止め】投与。

しかし『馬越峠』と言われる激坂では完全に足が止まってしまった。

足全体の疲労困憊と各所の痛みで歩くのがやっとの状態。

馬越峠
激登り

途中ノリノリの応援。

応援され走らなければカッコが付かないので、無理して走らされる。

ありがた迷惑な応援(ウソ)応援ありがとうございました。(笑)
激登り中の応援


力を振り絞って残り200mを駆け走り、なんとか79kmエイドに到着!【第4関門】である。


ほぼ歩きだった為、汗はそれ程かいてはいないのだが、喉がめちゃめちゃ渇く、飲むと体が重くなり、後悔するのを、後半のエイドでは繰り返し。

どこのエイドでも大体あった水とバーム、そしてコーラ。、ここの79kmエイドでのコーラは最高にうまかった~。

79kmエイド

このコース1番キツイ登りをクリアしたら、このコース1番の下りです。

ロキソニンで痛みは緩和している訳だが、ガンガンヒザに衝撃が伝わる。

ここでは、結構な人が路肩で、悲痛な表情でストレッチをする方が多く見られました。

ロード激下り2

ロード激下り

たかが3kmの下りだったが、限界を越えた足腰が更に追い込まれる。

町中に出て来て川沿いの久しぶりのフラットのロード。

ここでは馬越峠で、ご一緒させて頂いた方に励まされ、助けられました。

さわやかな お兄さんで「あと1km位でエイドだよ。一緒行こうぜ!」的に。

P1011309.jpg

ゴールに到着したかのように2人で「ヤッター!」と87kmエイドに到着。

【第5関門】

P1011311_20130520082711.jpg


ここでは2回目の送った荷物が受け取れます。

ろくな物がね~。

とりあえず、濃厚ジェル投入。それ以外は不要。

P1011214_20130520082206.jpg

うどん、水、バーム、アミノバイタル、ジェル、オレンジ

とにかく残り13kmを乗り切れ、更にもう一度、最後に1回だけで良いから復活出来る事を期待し、イロイロなエネルギーを投入。

椅子での休憩だったから良かったが、地ベタでは立ち上がれない程の疲れ・・・。

再スタートするが、まったく走れない。

登りでも下りでも無い、ただのアスファルトの歩道なのに、走る事が出来ない。

4人5人と、どんどん抜かれる。

たまに、振り絞り他のランナーについては行くが、」数00mで、足が止まってしまう。

ここまで疲労が溜まるとストレッチしても何の意味も無い。

やった時、ほんの一瞬気持ち良い感じがするが、全く走りの影響には繋がらない。ただの時間の無駄・・・。

歩く、走るの繰り返しで90km手前。
P1011312_20130520081609.jpg


80kmの区間がホント辛く、苦しかったので、「辛い、キツイ、もうイイか・・・リタイヤ・・・」。など弱気、弱気で、気持ちからも、走る闘争心が無くなっていたが、90kmの看板を見た時には、鳥肌が立った。

あと10km!

気持ちが上がっても、足が復活する訳では無いのが現実。

相変わらず、歩いて、歩いて、走っての繰り返し、歩く時間が徐々に多くなっていた頃、1人のランナーに励ましの言葉を頂いた。

「ほら、もうチョット!がんばれ!」

沿道の方からの応援は沢山、沢山頂いたが、同じランナーから応援されたのは、今日始めてで、なんか心と体の火が点いた。

「もうチョットがんばろう!」

その方の背中を借り、その方の背中と足元とだけ見てついて行きました。

遅れた分を取り戻すかのように3km程、必死にその方について行きました。

そして、最後のキツイ登りに入ると、遠くから聞こえてくる。ゴールのアナウンスと音楽。

ホントもうちょっとだ!

どんどん音楽が大きくなる。会場も確認出来る!

が・・・

どんどん音楽が小さくなる。会場から遠ざかる・・・。

距離の調整か、グルリと会場の外を廻され5km、4kmと距離は縮むが会場から離れる。

そして3kmを越えた辺りで足が止まってしまった。

ココの1kmは普段の5kmに相当する距離に感じました。

足が痛く歩幅も小さいのでキロ7分出ていないだろう。

もう痛み止めも、足の攣り止めも効いて居ない。

足が攣りながら、痛みを堪えながら、会場まで500m、400m、300m。

ゴールに近づくにつれ、沿道の応援の方の人数が徐々に増える。

地元のおばあちゃんから、若い兄ちゃん姉ちゃん。タロ吉、P-子と同じ位の子供まで、
みんな「お帰り~」「お疲れ~」って・・・。

疲れて声も出せない。笑顔とガッツポーズで返す。

やっと帰って来た・・・。

そしてゴールゲートまではレッドカーペット。

1歩1歩を大事に踏み締め、ゆっくりゴールしました。

P1011318.jpg

P1011319.jpg

P1011326.jpg

結果
順位225位

タイム11時間45分42秒

2013年 100km参加者
申し込み人数1955人、出走者数1754人、完走者1164人、完走率66.4%

オールスポーツPASS
0258
ゼッケン
345

野辺山への準備

ウエアは、いつものこんな感じ
ノースフェイス上下
P1011192.jpg

天気の予報は雨のち曇り~

雨が降ったらサンバイザーからハットにするカモです。

P1011197_20130517190732.jpg


5本指ソックス、ノースフェイスのアームウォマー、指なし手袋、レッグカバー
P1011195.jpg


インナーはファイントラック
P1011196.jpg


自分で摂る補給食はジェルですが、ハセツネと違いエイドが5km毎に有り、ちゃんと口にすれば、ジェルは1時間に50kcalで良いかな?

ですので、42kmの荷物受け取りポイントまで5時間30分を想定していますので、ジェルボトル1本をスタートから持って行きます。

あとは痛み止め2回戦分、第1関門20km、第2関門42kmで取るアミノバイタルを2、3本。
足の攣り止め。
デジカメ。携帯は要るかな~?

コレだけならノースフェイスの6ℓザック要らないよね。

P1011199.jpg

ちょっと積載量UPです。

100均に売ってた、のびのび収納袋。
P1011200.jpg

42km、58km、87kmの、いずれか2箇所に荷物を送れます。
今回は42kmと87kmにします。

42kmでは
ロード用のニューバランスM1040(トレイルシューズからの履き替え用)
履き替え用の靴下、ウィダーゼリー、タオル、汚れ物入れ用のビニール袋、
ワセリン、テーピング(ヒザ、足首用)
第3関門、第4関門、第5関門、第6関門で摂るアミノバイタル4本。
痛み止め。
リプレニッシュ500ml、
次の荷物の受け取り87km、6時間分の補給食としてジェルボトル1本+袋入りのジェル。
寒さ対策で90リットルのビニール袋
アームウォーマー(安物)
サロンパス
P1011201.jpg

87kmは
タオル、汚れ物入れ用のビニール袋、
足首のテーピング、ウィダーゼリー、
リプレニッシュ500ml。
寒さ対策で90リットルのビニール袋
アームウォーマー(安物)
靴下、ワセリン
P1011202.jpg


着替えは要らないかな?
汗の匂い対策で柔軟剤を薄めたスプレーでも有ったら良いかな?
サロンパスが欲しいけど持って走るのはキツイかな?


プロフィール

乱猿

Author:乱猿
群馬県太田市在住で2017年で40歳
【走る事】【陸上競技】に 全く興味も
経験も無かったオッサンが2011年より
突然走る事に目覚め 更には
トレイルランニングにも手を出す始末。
ハセツネSUB12→SUB11を目標に日々トレーニング。

カテゴリ
カレンダー

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


アクセスカウンター
リンク