2014年4月20日 富士五湖100km 完走記

チャレンジ富士五湖100km
「仕事終わって風呂入ったら100kmサクッと走ってくるね」の巻

P4200003.jpg

大会前日PM11時45分まで仕事でした。

急いで帰って風呂に入り、大会に出場するウエアに着替え、
テーピングをする時間までは無く、0時20分にGAROさんと富士山に向かいました。

一睡もしないで挑むウルトラマラソンとなってしまいました。

途中でおにぎりを2個消費

AM3時頃に富士急ハイランドに到着、会場近くの駐車場を探しましたが、
よく分からず結局、3時30分に指定駐車場の富士急ハイランド駐車場に止めました。

外気がとても寒い・・・
おそらく気温は0度に近い。
ウィンドブレーカーは迷わず着ました。
ズボンも履こうかと思うほど寒かった。

時間が無く急いでテーピングを貼りました。


そして会場へ。
バスに揺られる事10分

バスの中は暖かく落ちた・・・2分睡眠・・・

会場では、ごった返した体育館で荷物の整理。

そんなバタバタの状態と、睡眠不足で頭が回らず、さっき貰ったゼッケンを紛失・・・

思い当たるのは1箇所だけ。
コース中2箇所に荷物を送る事が出来るが、それの受付テーブルに置きっぱなしでした。

時間が迫ります。

ゼッケンやらタグやら急いで準備しました。

朝早いスタートの大会は前泊か、もっと余裕をもって来た方が良かった。
駐車場から会場までも遠いし・・・。

荷物預ける所でGAROさんと、はぐれてしまった・・・。


しょうがないから1人でスタート会場の競技場へ向かい、並んだのは真ん中より少し前位の所。

気合入れの「絶対完走するぞ~!」「お~!」が始まったと思ったら、緊張する間も無くスタート!


地獄が始まってしまった・・・

霧が濃くて雨も水たまりができる程ではないが降っている。

とても寒い・・・。

ウィンドブレーカーの上にビニールを着れば良かったと、ちょっと後悔しながら富士北麓公園からの長い下りを進みます。

前方に急に現れた見覚えあるニット帽~
GAROさんだ!

はぐれたままだったので、ムヤムヤしていたので会えて良かった。


コースは、まず山中湖に向う。

P4200008_20140421174348ccc.jpg

AID3では梅干を頂きました。

山中湖は2年前の富士登山競走の時に1人で散歩に来た記憶のある場所だ。

懐かしみながら山中湖脇の道路を選手1列で進む。


スタートして15kmだが、スタート前にはトイレに行けず、ずっとトイレに行きたかったんです。

トイレに駆け込みました。

P1010011.jpg


山中湖をぐるり廻って第1関門の『焼鳥ふじ』を目指す!

P1010021_2014042118400875e.jpg


ここでは着ている物を回収してくれますが、相変わらず寒い((((;゚Д゚))))
全く晴れる気配が無いので、ウィンドブレーカーの脱ぎ捨ては無しです。
P1010013_201404211840078d3.jpg

次は河口湖まで向かうが遠い!

微妙なアップダウンがあり、35キロ辺りからモモが痛くなってきた。


そんな状態でも河口湖大橋は景色が良くて気持ちよく走れました。

これまでは寝不足で頭が「ボ~」っとしていましたが、
40キロ過ぎた辺りで走りのスイッチが入った。

タンタンと足を前に出し、前を行く選手を確実に抜いていく。

第2関門の【西浜小・中学校】までの登りも走って到着。

ここで5分程小休止。

ここでロキソニンとつり止めを投与した。

モモは痛みがあるが、それ以外は、まだ大丈夫。

西湖の記憶はあまり有りませんが、走りのスイッチは切れて無く、
精進個の第3関門までガンガン行けました。


第3関門で送ったのはエネルギージェルとサロンパスのスプレーでした。1缶使い切る程使って5分程で再スタート!

69.2kmここからは折り返しです。

すれ違いで励まし合いながら西湖を目指していましたが、74キロ付近で減速。

右の足の裏が痛い・・・右の足首も痛みが出てきた。

それでも80kmまでは走って行きましたが、急ブレーキ!

走れなくなってしまった。

ストレッチしながら走って、走って、歩いての繰り返し。4割位は歩いてしまった。
80km~90km間が一番辛かった・・・。

_1010033.jpg

さて90km!

野辺山100kmの時はココから ちょっと復活したのですが、今回はダメでした。

ですがココからは市街地で歩いていると目立つので、痛みを堪えて走りました。

最後の5kmに登りがあります。

元気なら行けちゃうと思うのですが、95km走ってきて あの登りはムリ!

競歩のようにガンガン歩いて登りました。

走っている選手もいますが、それ程スピードは変わりません。

3km登りを歩いて、残り2km下り&フラット。

気力で走ってみますが、急に走ったので、とうとう最後の最後でつってしまった。

いままで痛くなかった膝も急に痛み出し、足を引きずりながら走ってゴールのある競技場へ向かいました。

競技場前では沢山のハイタッチと「おかえり~」「ナイスラン」と迎えられ「ただいま~」と返す。

競技場に入って真っ直ぐ正面に見えるゴールゲート

ゴールゲートが見えた瞬間が一番最高の瞬間なのです。

この地獄から開放される安心感と、達成感。

この一瞬の為だけに走ってきたと言っても過言では ありません。

ゴールテープは笑顔とガッツポーズ!

タイムは 10時間28分

今回のレースも最高の達成感でした。


_1010034.jpg
_1010041.jpg


【備忘録】
18日の睡眠時間は5時間、19日は2分、そんな寝不足状態で挑んだ大会でしたが、意外にもタイムがついてきた。
これは寝不足を理由に、ダメダメにならないぞ!って気合が入った結果かもしれない。

エネルギーは意外にも前半での固形物は、しっとり系なら大丈夫だったけど、ソイジョイはダメ!
喉を通らなかった。やっぱりジェルの方が摂取しやすい。

テーピングは長脛靭帯炎対策として今回も有効でした。
全く無傷です。膝のサポートもあれば良かったかな?

ウエアはGOOD!特に不満は無し。指有り手袋で良かった~。

どんな大会も何とか会場の近くに車を止めて参加していたが、初めてバスで会場まで行くパターンだった。
意外にもストレス無かった。時間が無くてマッタリする時間も無かったから?

GAROさんも完走
GAROさんが競技場に入る前のストレートで暗闇から元気に走ってくる姿を見た瞬間は目頭が熱くなり
ゴールゲートをくぐる瞬間には涙が出てきました。

自分がゴールした時よりも感動しました。
_1010039.jpg

2014年4月18日 富士五湖100km 準備

いよいよ【チャレンジ富士五湖100km】が、明後日となってしまったので、準備開始!

ウエアは大体いつものです。

P1010068_201404181038489e8.jpg

TNFのサンバイザー、TNFのジップTシャツ、TNFの短パン、TNFの袖。
ファイントラックのインナー上、下。
NBのタイツとウィンドブレーカー(これは晴れていれば持たない)。
靴はNBのM1040の2014年モデル。
指なし手袋、富士登山競走のビニール。
CW-Xの5本指ソックス。

P1010069_20140418103849f30.jpg

エネルギーはパワーバーダケだと飽きてしまうし、1個250円は高い!ソイジョイなら半分の値段で済むので、
今回は、固形物を投入してみました。
内蔵が元気な前半で消費する予定です。

後はコレ
アミノバイタル 6回戦分
つり防止薬 2回戦+予備1回戦
ロキソニン 2回戦+予備1回戦
ワセリン

まだ必要な物がありそうだな~

プロフィール

乱猿

Author:乱猿
群馬県太田市在住で2017年で40歳
【走る事】【陸上競技】に 全く興味も
経験も無かったオッサンが2011年より
突然走る事に目覚め 更には
トレイルランニングにも手を出す始末。
ハセツネSUB12→SUB11を目標に日々トレーニング。

カテゴリ
カレンダー

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


アクセスカウンター
リンク