2015年 UTMFボランティア in御殿場太郎坊21時間 

ウルトラトレイルマウントフジ 通称UTMF 富士山の周りをグルリと回る168kmのレースのエイドボランティアに行ってきました。

P1010197.jpg

25日の20時50分までに受付でした。
しかし18時30分から小学校の運動会の慰労会があったので相変わらず多忙。

挨拶をすませ、慰労会の乾杯!
もちろん烏龍茶で!

御殿場の富士山の五合目までは雨も降っているし3時間はかかる。
7時50分がリミット!

時間も無いので挨拶と同じ位苦手な、各テーブルのお酒注ぎに廻ります。
流石に80人に注ぎに回ると時間がかかります。

あっという間に1時間経過・・・

校長先生に了承を貰って途中退席させていただきました。
学校の公式な飲み会、それも一次会でPTA会長が居なくなるなんて前代未聞・・・

ホント申し訳なかったです・・・
すいません。

太田出発が7時45分となりました。
雨が強くスピードもゆっくりだったですが、どうにか22時45分に到着できました。

ボランティアの受付してテントに集合。
1グループと4グループの22名でスタート。

私は給水係りとなり、アクエリ、コーラ、メダリスト、水、ホット とありましたが、水の係りをやらせていただきました。
23時に来ても選手が来るはずも無く、待ち・・・

P1010153_20150927073103487.jpg

同じ水の係りになった方の中にUTMBに参加経験のある方がいらっしゃいました。
過去にSTYを2回、昨年はUTMFも出ていて今年は抽選で外れてしまったそうですが、かなりの強者です。

MF、MBの話の内容はどれも参考、勉強になりました。

25日の13時に山梨県富士河口湖町 八木崎公園をスタートした選手はぐるりと富士山を109.9km半周して
こちらの【A6】太郎坊に来ます。

UTMF.jpg

26日am1時(スタートから13時間)で来る予定だったTop選手は雨の影響で大分遅れ、結局1時間以上遅れて来ました。

YouTube→YouTube UTMF公式ダイジェスト A6太郎坊

【1:00】ちょっと前 大瀬選手が転倒してタグを2枚とも紛失しバタバタしている所で写っています。
撮られているのが分ているので、みんな堅い。
A6.jpg

【A5】富士山資料館から【A6】太郎坊までの区間が滑りやすいらしくTop選手も全員泥だらけです。

TOP選手のエイドの食べ物をガッツリ食べて行く姿は超ワイルド!モリモリ食べて行くのにはびっくりしたね。
もっと効率の良いジェル系中心と思いきやパン、バナナ、オレンジをガツガツ食べて、コーラもゴクゴク。

ハイドレーションにジップロックから謎の粉を入れますが、6割こぼれて4割入って1割は淵に付いているが
全然気にしない。
ベロッと淵についた粉を舐めて蓋を閉めて「サンキュー!」

超ワイルド!カッコイイ!

装備やエイドでの過ごし方、エネルギーの補給方法、普段見る事のできないTOP選手を見られて勉強になりました。

選手間の間隔が空き過ぎ・・・

結局ボランティア第1グループの朝までには20数名しか通過しませんでした。

第2グループと変わっても相変わらず選手はパラパラ・・・
ちょっと眠くなってきた。

そりゃそうだ。
25日は
7時:起きた
8時:1時間走った
10時:風呂に行って
18時:宴会
23時:富士山到着

で、朝8時・・・
25時間寝ていなかった。
ボランディアスタッフは沢山いるし、選手はパラパラとしか来ないので20分くらい裏で仮眠させて貰った。

その後も仮眠は1回のみで、今現在パソコン中も、もろくに寝ていない状態を継続中・・・
3日間で5時間の睡眠となりそうです。

元気な人も居るが、やっぱり109kmを走ってきて楽な人は一人もいない。
給水後は一人一人に頑張って下さいと励まし応援の言葉を送ります。

多くの選手にお礼を言われたり、言葉は無くてもガッツポーズをいただいたり、サポートしているこっちが元気を貰ってしまいます。

何人かの人にお話を聞かせて貰ったり、お話したりさせていただきました。
「おかけでパワー貰ったよ!頑張ってくるよ!ありがとう!」握手を求められた事もありました。

その言葉にパワーを貰いホントボランティア冥利につきます。
寝なくても眠くない、全然疲れないのは、これのお陰です。

雨は全然止まない。
この雨が選手の体力、体温を奪って行く。

中盤になると震えながら来る選手も多くなりスープ、お湯、ストーブに当たって暖をとるが、一度冷え切ってしまった体は中々温まりにくい。

そのままリタイアって方も大勢いました。

バイドレーションの給水でも色々な人がいました。

「コーラのエネルギーだけでここまで来ました!」本当かどうかは分かりませんが、「コーラしか受付ね~!」
ってゴクゴク飲んで、ボトルにもコーラを補給。

コーラのアクエリ割、コーラの水割り、コーラのお湯割りって言うのもありました。

コップに入った水にパンを「ドボンッ」と入れて食べるのは食べやすいかもね。

でも一番人気はやっぱり水でした。

太郎坊のエイドはレイアウトが良かったと思います。

エイドテントの前にエイドIN→OUTがあるので、手の空いた人は大きな声で
「お疲れ様~」「ナイスラン!」「ナイスファイト!」ねぎらいの言葉をかけます。

それに続きスタッフ全員で「お疲れ~」「ナイスファイト~!」

日本人は照れくさそうに手を挙げる位が大半だが、外国人の方のノリの良い反応は見習いたいと思います。
まるでゴールしたかの様な小芝居からスーパースター登場風の小芝居など、こちらも楽しませてくれる。

日本人にもモチロンおもしろい人は沢山居ました。

お疲れの所お付き合いいただいてホント感謝です。

そんな楽しい雰囲気にしてくださった方は猛烈な声援の送り出し!
全員で声が枯れる程の大応援、大声援で送り出しました。

ここのエイドが一番元気が出るよって何人もの人が言ってくれていました。

私自身あんなに「ガンバレ!」って言葉をあんなに大きな声で言うのは
カラオケで【 THE BLUE HEARTS 】 の《人にやさしく 》を歌う時以外にありません。

誰かに向かって「がんばれー!」って言うのはホント気持ちが良かったです。
それに応えてくれた お尻が泥だらけの後ろ姿のガッツポーズは、みんなカッコ良かったです。

いつも選手の立場ですので、応援の声援が選手の力になるのはよく知っています。
逆に選手が応えてくれた時の感動はボランティアを経験しないと分からないものでした。

ボランティアが第3チームとなり少しして太郎坊エイド今日一番のピークを迎える。

STY参加選手が到着です。

もう休む暇なんか全く無くなってしまいました。
UTMFの選手には人気がそれ程でも無かった《メダリスト》がバカ売れ!(売ってないケド)

メダリストは水に溶かす手間があるので超大変。

作っても、作ってもドンドン無くなる。
でも、欠品には一度もならず、どうにかピークを越せたので良かったです。
これは同じ4グループのフルでご一緒させていただいた方のお陰です。
ありがとうございました。おつかれさまでした。

天気予報も外れ結局最後まで雨は止むことは無かったので【A6】太郎坊エイドはSTYの関門が1時間延長となり
INが17時50分でOUTは18時となりましたので1時間残業です。

最後の選手を見送り1日お世話になったエイドの片付けを行い19時に御殿場太郎坊ボランティアチーム解散~。

他のエイド【A8】山中湖きらら、【A10】富士小学校、そしてゴール地点の八木崎公園に応援に行きました。

仮眠は30分~1時間づつ取りましたが、帰宅途中は超眠い・・・
でも眠眠打破飲んで復活!帰宅は朝6時となりました。

今回のボランディアではサポート側の立場となった事で、大会は「走らせて貰っている」と言う事が身に染みて分かりました。
サポート側に立つと、「ありがたさ」がより一層分かります。

ボランティアスタッフ全員選手サポートを労力として考えて無く、みんな楽しんでサポートしています。
私も同感、楽しくUTMFの話をしたり、装備の話、ほかの大会の話、仕事は何やってるの?なんて野暮な事聞く人はいません。
ここでは社長も課長もヒラ社員も有りません。
トレイルランニングファンがいるだけです。
みんな太郎坊エイドの成功、UTMFの成功ののために一生懸命でした。とても充実した時間を過ごしました。

でも・・・またボランディアスタッフしたいか?と聞かれたら・・・考えちゃいます。
なぜかと言うと、





「 やっぱり選手として走りたいじゃん! 」

1日お世話になった太郎坊エイドに携わられました皆さんお世話になりました。
超楽しかったです。お世話になりました~。

写真集

メダリストはポリタンクに原液入れて混ぜます。
これをペットボトルに入れるのが重労働。
P1010152_20150927140323696.jpg

まだ食べ散らかされてない新品状態。
P1010157.jpg

一応富士山ですが、特別感動がありません。太郎坊エイドは標高1400m
ここからでは富士山の迫力、大きさが伝わりません。
P1010163_20150927140328656.jpg

鏑木さん
「群馬県太田市での大会ではお世話になります。」ってご挨拶&握手をして貰いました。
P1010174_2015092714074421e.jpg

これが
P1010168_201509271407431e5.jpg

こうなる
P1010183_20150927140746d3e.jpg

そしてこうなった。
「はいっ!」みたいな・・・
P1010191.jpg

プロフィール

乱猿

Author:乱猿
群馬県太田市在住で2017年で40歳
【走る事】【陸上競技】に 全く興味も
経験も無かったオッサンが2011年より
突然走る事に目覚め 更には
トレイルランニングにも手を出す始末。
ハセツネSUB12→SUB11を目標に日々トレーニング。

カテゴリ
カレンダー

08月 | 2015年09月 | 10月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


アクセスカウンター
リンク