2016年11月13日 第1回日光国立公園マウンテンランニング大会 完走記

2016年11月13日 第1回日光国立公園マウンテンランニング大会
P1010159.jpg

日光は今年、1250年の節目を迎え、その記念事業として日光マウンテンランニング大会の開催となりました。
あの日光東照宮前の表参道からスタートして霧降高原の天空階段を登り丸山を越えて多くの観光客に見守られながら二荒山神社境内のゴールを目指します。

試走してきついコース設定なのは分かっていたので、それはそれで楽しみだし不安でもあった。

朝8時スタート、5時受付開始だったので5時到着では近い駐車場が満車になってしまうと予想して4時30分到着する為am2時50分に出発しました。

須永さんと駐車場で合流し5時に受付。
超寒い・・・天気は快晴になるのは分かっていたが寒くてタイツを履く事にしました。←これが大失敗で暑かった~。

7時に吉村さんとスタート会場で合流。
吉村さんはスタート地点→RUNで先回りして何度も応援してくれました。
いつ来るか分からない自分たちを待って居てくれてありがとうございました。

日光東照宮までのメイン通路がスタート地点。
2列目でスタートしました。

トップグループスゲー速い。
ついていけず・・・

まずは外山(約900m)を登ります。
初っ端から急勾配でいきなり心拍数がMAX

吉村さんからはA1までセーブ指令が出てたのですがやっぱり引っ張られる・・・
登りきったらガクッと急勾配で下り↓

ガンガン下っていたら前から叫んでいる選手達が・・・。
「止まれ~!怪我人だ~!」

下りで転んで肋骨を折ってしまったようだ。
奥さんが医療スタッフをしている方が居て、奥さんと連絡して動かせるようなら車でピックアップできる所まで降ろした方が良いとの事で戻るより進んだほうが近いとみてゆっくり進みました。

1km程で仲間の方が迎えに来てくれたのでバトンタッチしてレースに復帰しjました。

さて、ここからどこまで挽回できるか?


A1まではセーブで行きたかったが、見晴台までの登りも頑張って走った。
今回の大会はエイドが充実しているので、水を1リットル持ってスタートしたが500mlで十分と考え
見晴台までの登りを少しでも楽にする為に500mlをココで全部捨てた。

見晴台まではあっと言うまに到着。ここからの下り楽しかったな~。

A1手前で吉村さんの応援をいただきました。

【8km】1:16:27.81(67位)
A1 ニュー霧降降キャンプ場に到着。
外気温はまだそれ程高く無いと思うが、日差しが暑くてサンバイザーから流れる汗が止まらない。

ポカリスエトのジェルを1本押し込んでチョコを口に入れて再出発。

A1からの下りも最高のトレイル。楽しい。

【10km】下りきったら霧降高原まで上り基調となる。

ココからは試走もしていたので張り切り過ぎると天空階段でやられるのが容易に想像できる。
無理しない。無理しない。

【12km】 1:52:51.89(49位)
A2 大⼭到着
良い天気過ぎる・・・。
だだ広い牧場を走るので日差しが暑い・・・タイツが熱い登りの足上げもし難いしめちゃめちゃ脱ぎたかった。
標高は私の誕生日と同じ1111m
横を見ると須永さん!
きつい時に仲間に会うと少し元気がでるね。

牧場の下りは走りにくいケド景色が最高~。
目の前にはこれから目指す霧降高原の山が聳え立っている。

急がず焦らずタンタンと登っていよいよ天空階段に到着!

やっぱ凄い。

1445段あるが約700段からは壁。
途中にエイドがあるが700段までは気合で走った。

【15km】 2:24:36.04(42位)
A3 霧降高原はタイムを稼ぐ為スルーしようと思ったが「ゆばはココしかないよ!」の言葉に乗せられ
ゆばとポカリをいただいた。

いや~寄っていって良かった。
ここで余らなったら脱水になっていたかも・・・

やっぱり700段からは走れなった(涙)

歩いても全く楽じゃない!

登り切って景色を振り返る余裕も無く、今回のレースの最高地点「丸山」を目指します。

天空階段までの登りに比べたら全然ゆるい。ケド天空階段までの登りの性でヒザ上の筋肉がパンパン・・・

最後の岩登りでついに攣った。ビンビンに効いちゃって山頂でチョットフリーズ・・・。

さて後半戦だ。
この時点で初めて自分の順位を教えて貰った。

100位前後位かな?っていたのに、なんと38位。これにはちょと驚いた。

丸山を登りきったら後半戦です。
後はほぼ下り基調だけど足が悲鳴を上げている状態での激下りはちょっとキツイ・・・。

やっぱり早々に攣リ気味なのでかばいながら走った。
ぶっ飛ばせはしなかったが楽しかった!もしかしたらココの下りが一番楽しかったかも。

霧降高原に戻って来た~!:
34:46.73(37位)

これから地獄の天空階段に挑む人達と一瞬合流して、ここから試走禁止区域に入ります。

その前にエイドでエネルギー補給。
メダリストのジェルを投入し、水分もしっかり補給。

凄い下りだから気をつけて!の言葉に送られ再スタート!

直ぐ現れた ほんとに凄い下り!
急って言うかスカイビュートレイルのスキー場の下りのようにな、ま~っ直ぐな下り。
走り出したら止まらない。足に負担が掛かるのでブレーキもかけたくない長ーい下り。

ここまでがキツイながらも楽しめた区間であり、時間でした。

キャンプ場まで4km程物だが、下を見れば落ち葉でフカフカ極上のトレイル。上を見れば真っ赤に色着いたキレイな紅葉。
そして木漏れ日からは太陽の光と青空がのぞいている。

しかしながら、ココを走っていた時の心境はと言うと・・・
早くこの長い下りから開放されたい一心・・・。

悪く言うとダラダラ長いし、スピードを落とさないでクネクネ曲がれちゃうコーナーの連続だし!

絶対!絶対元気だったら延々と続いて欲しいと思う位な最高のトレイルだったのに・・・

A1のキャンプ場に到着した時はボロボロでした。

喉が超渇く・・・

水を250cc飲んで残りの8km分の250ccをボトルに入れてもらい再出発。

霧降温泉から少しロードを走る。
登りが走れない・・・。

最期のトレイルに入った直後に両足のモモ内側も外側も攣った。
両足の大腿四頭筋が終了。

ロボットのようにヒッコラ、ヒッコラ歩いていると吉村さんが・・・
気合でどうにか走れ!無い・・・

足のつりは気合でどうにかなるものでは無い。
せっかく試走にもお付き合いいただいたのにみっともない姿をお見せして申し訳ない・・・。

ここから最後の登りが来る・・・。
高低図を見るとそうでもなさそうだけど2.5kmの見晴台までの登りは試走の時にもやっつけられたポイントだ。

足の攣りで登りが走れない。見晴台まで下り以外はトボトボ歩くが後ろから抜かれる事は無いのはみんな同じようにキツイって事。
汗が止まらない・・・
喉が渇いてキャンプ場で貰った250ccは見晴台に登りきる前に無くなってしまった。

やっと見晴台に到着。

あと下りだけですよ!の言葉に思わず「その下りがまたキツインだよ・・・」と呟く・・・。

下りは歩いていられない。
フカフカのトレイルを気合で走る!

時折モモが「ビキーッ!」っと攣りそうになるが見晴台の登りを歩いて登ったおかげで多少は走れるまで小回復していた。

ただ喉が渇く・・・
フカフカのトレイルを下り切ったら道幅が狭く滑りやすい山肌を滑らないように崩さないように気をつけながら進む。

最期の下りで聞こえてくる水の流れる音・・・。

ふと振り返ると岩の隙間に流れる水が。

ちょっとすくってみると透明。
うまそう!250ccのボトルに10秒くらいかけて溜めてみた。

「いただきます!」

うま~い!

あとでお腹が痛くなってもしょうがないって言うか、お腹痛くなっても良いや!の気持ちでゴクゴク一気に飲み干した。
ここの怪しい自然水が今日一番うまかった。

そんな事していたら後ろから一気に3人の選手に追い付かれた。

ム~もう一杯飲みたい所だったが止めて逃げる!

ロード→砂利道に入って一人・・・また一人と抜かれた。

試走の時、吉村さんが言っていた「ココで抜かれたら嫌ですね~」って正にその話をしていた所で一気に3人に抜かれた・・・。

その中の一人に「乱猿さんですよね?」と話しかけられました。
こんな内容の全く無いつまらないブログを見て下さってありがとうございます。

あと2km・・・あと1km・・・

工事現場の砂利道の様な所から雰囲気が急に変わり観光客が増えて来てゴールが近づいてきた感じがする。

石畳ではテンションが上がってきてゴールするのが勿体無い気分になってきた。

目の前に吉村さんが見えてきた!
コレはゴールが近いのが確信になりテンションMAX!

観光客の方の声援を受けてゴールである二荒山神社の鳥居に駆け込んだ!

うお~!最高!

あんなにヘバッていたのに、あんなにキツイコースだったのについ30分前の辛かった事なんかスッカリ頭から消えて
メチャメチャ楽しかった記憶しかない!

最初の写真は実はゴール直後です。
途中ボロボロだったのが嘘のようでしょ?(笑)
4:42:57.63(45位)

268
鹿倉 直人
1:16:27.81(67位) 1:52:51.89(49位) 2:24:36.04(42位) 3:34:46.73(37位) 4:42:57.63(45位) 男子43位 総合45位/433
最期だけ落ちちゃったけど順位は徐々に上げられてがんばったほうかな?
プロフィール

乱猿

Author:乱猿
群馬県太田市在住で2017年で40歳
【走る事】【陸上競技】に 全く興味も
経験も無かったオッサンが2011年より
突然走る事に目覚め 更には
トレイルランニングにも手を出す始末。
ハセツネSUB12→SUB11を目標に日々トレーニング。

カテゴリ
カレンダー

10月 | 2016年11月 | 12月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


アクセスカウンター
リンク