FC2ブログ

2018年7月27日 第71回富士登山競走 完走記

2018年7月27日 第71回富士登山競走 完走記

今年も来てしまった富士登山競走
目標はサブ3.5
そしてこの暑い時期、高地トレなんて言って高い山には逃げません。
暑さ日本記録を塗りかえた埼玉県、そしてお隣の群馬県太田市の500m級低山で38度の気温の中を毎日毎日、汗だくで走りました。
ペースも上がらないし、走力につながる練習とは思えないが、努力は無駄ではないと言い聞かせ毎日里山に汗を垂らしました。

暑さにも大分慣れ、馬返しまでの暑いロードはこれで行けると自身がつきました。
そして当日・・・
肌寒!
酷暑トレーニングは無駄に終わりました。

今回の装備は
最初白のノースリーブにしようと思ったのですが、下界でも涼しいのに山頂に行ったら寒いと思っていつもの黒のノースにしました。
日差しが照りつけると思って、どっかの大会で貰ったダサイキャップを準備しましたが、全く必要ありませんでした。
いつものサンバイザーかバフにしておけば良かった・・・
シューズはMERRELLこれは普通にロードシューズにしておけば良かった。
最初のロードがしんどかった。

携帯した物は
ノースのポーチにマスク、千円、ウィンドシェル、塩分チャージ4個、塩飴4個、スマホ、アミノバイタル1本

当日は2時に起床、2時20分にGAROさんと富士吉田に出発

東松山のいつものセブンでブリトー、おにぎり、ポカリ1リットル、ウィダーゼリー、ドラヤキ(食べなかった)、キットカット(食べなかった)1本満足×2(食べなかった)
無駄な物買い過ぎ。富士吉田市役所で赤のアミノバイタルとか貰えるからそんなにスタート前には食べられない。

4時30分にグラウンドに到着して5時前にバスに乗りました。
市役所ではあいさつ廻り、(会った順)須永さん、しゅうさん、よっちまんさん、前田さん、星野さん、松本さん、新島さん、バンチョー、もんさん、和田さん、塚越さん、上野さん、片山さん、ハリ天さんにお会いする事ができました。ねもさん捜したけど見つからず・・・

テーピング貼ったりエネルギー摂ったりあっという間に時間が過ぎスタート30分前
初めてのAグループでしたが、巷の話噂り座って待つことができました。

Aグループになって一番良かった事は、毎年恒例となっている地元消防士さんの「きょうのビールはうまいぞ~!」からのエイエイオーが近くで見れたのが良かった。
2018富士登山競走3

調子に乗って前から5列目くらいからスタートしてみました。
周りのペース超速過ぎ!
引っ張られて心拍MAXで2km位で心臓が苦しくなってきた。動悸を感じる。もしかしたらファントレイルで貰った600円のジェルをスタート前に摂ったのがダメだったのか?
全然ダメついて行くことができずガンガン抜かれ3km位の富士浅間神社付近ではBブロックのゼッケンにも抜かれ始めた。

その後もガンガン抜かれまくって中の茶屋(7km)
ここからは林道になるので周りのペースが落ちる。
やっとペースが同じ位の位置につけました。

馬返しまで1時間切れるかも不安なくらい抜かれましたが58分11秒と最初のダッシュ貯金で何とか切れました。

馬返しからは、とにかく前に離されない、隙あらば抜くって感じ。
ロードで上がった心拍と動悸がなかなか治まらず最初はついて行くのがやっとだったけど、心拍も落ち着き気温も下がり少し余裕が出てきた。
ロードで抜かれた人を抜き返すくらいに復活。

前回までの五合目のゴールと山頂の関門が入れ替えになり、ちょっと距離が長くなったとの噂。200m位?(噂)
Aブロックスタートは3年有効って聞くけど、やっぱり五合目1時間50分は切りたい。
今日のコンディションでは自身が無かったけど、とにかく時計を見ずにガンガン攻めました。
最初のロードに出た!
トレニックワールドでも応援いただいたチームリスペクトの岡田さんの声援に背中を押されながら再度レイルに戻される。
そして2回目のロード。
ココからが正念場、1時間50分切るためにロードを駆け上がる。
どうだ?
1時間48分31秒
ギリセーフでした。

五合目の給水でアミノバイタルを補給、エネルギー的なもの何も摂ってなかったので、
何でも良いから摂りたくて動線上にあったグレープフルーツ?レモン?を一切れ食べました。

事件が起こりました。
なぜかその汁が気管に入り込み酸素を取り込みたいがフィーフィー言ってるだけで苦しい。
超すっぱい100パーセント果汁なので喉が痛いし。
ゲホゲホ死ぬほど苦しい思いした。
ホント死ぬかと思った。
酸素が入ってくれば直ぐ復活。喉が痛いのは治らないが・・・

この最悪の状態の時に抜かれた選手を抜き返す!
富士山の砂利は苦手だったけど、今年は抜かれる事が少なかった。
走り方を変えたからかな?
七合目からの岩場エリアは登山者で渋滞。
今年は登山者多く感じた。
岩場で少しフクラハギが来たけど、丁寧に登れば攣らない程度。
タイムスケジュール作ったのだけど忘れてしまった。
あとどの位走ればゴールなのか分からない。

目標はサブ3.5。
五合目から大体90分登れば山頂と思って走ってきたが、残念ながら3時間30分経過・・・
上を見上げるとまだまだありそう(涙)
そして去年の記録38分も経過・・・
手を抜いている訳ではない。
そんなに五合目からは抜かれるより抜くほうが多かったのになぜ?
上を見上げるとまだある(涙)
せめて45分切りを目標にがんばって登って最後のコーナー
去年まではダッシュする元気があったのに今年はダメ。
でも茅野さんが応援に来てくれていて、最後出し切って!の言葉に力を貰った。
数m前に走っていた1人を抜きダッシュでゴール!
ホントきつかった。今年は特にきつく感じた。
2018富士登山競走4

2018富士登山競走タイム

山頂はとても寒く火照った体も一瞬にして凍える。
山口屋でグツグツ熱い鍋から出される激熱いお茶を400円出して購入し見せの中で風をしのぎました。
山頂では崇さん、天野さん、河さん、ねもさんとお会いできました。

制限時間まで見届けて須永さんと2人で下りました。
長い!ほんと長い!
初めて山頂から下った時はとても楽しかったのに、回を重ねるにつれて長くしんどく感じる。

ゴールした時に感じた足首の違和感がこの下りで悪化しました。
ほんとは ねもさん、と走って帰るつもりでしたが、走りきる自信が無かったのでお断りしました。
ねもさん すいませんでした。

北麓公園行きのバスも待ち無しで乗れて、北麓公園ではすでに五合目コースを走り終えたGAROさんが車を廻してくれていました。
駐車場の水道で水を浴びて着替え、金券はサーロイン串になりました。
2時過ぎには北麓公園を後にしました。

まだ試練は終わりじゃない。
高速道路で事故。入間の先で通行止めだったので青梅から下道で帰りました。
2時間30分で帰れるところ、4時間30分。あ~疲れた。

山頂最後の坂で茅野さんに撮ってもらった
2018富士登山競走5
2018富士登山競走6
2018富士登山競走7
2018富士登山競走8

ハリマネさんに撮って貰った
2018年富士登山競走13
2018年富士登山競走14

その他の写真(笑)
2018年富士登山競走12
2018年富士登山競走1
スポンサーサイト



プロフィール

乱猿

Author:乱猿
群馬県太田市在住で2017年で40歳
【走る事】【陸上競技】に 全く興味も
経験も無かったオッサンが2011年より
突然走る事に目覚め 更には
トレイルランニングにも手を出す始末。
ハセツネSUB12→SUB11を目標に日々トレーニング。

カテゴリ
カレンダー

06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


アクセスカウンター
リンク