2017年7月28日 富士登山競走 山頂コース

2年ぶりの富士登山競走でした。

山頂1

昨年はミドルの大会が連ちゃんになってしまい予算の都合上パスしました。

今年は織姫階段100往復トレを行いましたが、その際ZENSUKEさんには「行ける!」と言われ行ける気がしていました。が・・・

前日の晩ご飯、私はうどんがパスタを食べたかったのですが、娘がステーキ宮に行きたいと言い出した為
ステーキ宮となってしまいました。

ジャンボハンバーグ&ガーリックご飯×3

完全に食べ過ぎた。

帰って、お風呂入ってさて寝ようと思ったら、肉のエネルギーか?ガーリックか?
体が完全にON!
眠るモードに入らない。

宮のタレ美味しいが味が濃いので喉も渇く

9時~2時まで寝ようと思ったが、この間に2回の給水、ウトウトするが熟睡できず
寝る努力をしている最中に2時の目覚まし・・・タイムアップ!
ウトウト⇒パッチリ⇒ウトウト⇒パッチリを繰り返しトータル1時間寝たか寝てないか・・・。

2時30分に前田さんをピックアップ富士吉田に向けてサンバーでGO

朝ごはん
昨日、腹いっぱい食ったのでお腹が空いていない・・・。
取り合えずセブンのブリトー1つ
ポカリスエットを1リットル飲んだ

鐘山グラウンドには4時40分位に到着
ポッツラ ポッツラ準備して5時前にはバスに乗車して富士吉田市役所に向かいました。
会場では沢山の仲間と会うことができました。調子どお?何時に着いた?目標タイムは?
久しぶりに会ってもレース前の緊張してるし話す内容はいつもこんな感じ。でもレース前、仲間に会えるとやっぱうれしいです。

スタート前にアミノバイタルのゼリーを2個食べた。
1個は2時間前。
もう1個は会場で貰ったやつを40分前に。

ウエアは黒のノース一式 勝負服で決めました。
なぜなら、ランニコ部の仲間に会えるかもしれないので、いつものウエアで会いたかったんです。
部長はじめ部員のみなさま
顔と名前とニックネームが全く一致しませんがスタート位置でゆっくりお会いできて良かったです。

6時30分車道が封鎖されスタート位置に並びます。
今年は酷かった・・・
前への割り込みが酷くて前から押されるし、下りたくない後ろからは押されるしでギューギュー詰め

例年通り直立状態で30分我慢
恒例のエイエイオーで気合入れて7時にスタート

混雑混雑・・・
歩道走る奴 来年は参加するな。
5人は居たな

今年は天気が曇りで気温が低く走りやすい。
Aブロック狙うなら今年はチャンスと思って とにかく前へ
Bブロックゼッケンを捕らえて走った。

選手のゼッケンばかり見ていたので、周りの景色は全く見なかった。
やっぱりタイム!タイム!ってなってしまうと、せっかくの大会の雰囲気を楽しめない。

富士浅間神社通過。
太陽は出ていなくても暑いものは暑い!
滝汗・・・
アクエリ給水

中の茶屋までにBブロックゼッケン結構捕らえた。
でもロード長い!きつい!暑い!

馬返し前には傾斜角度も上がり もう歩いてしまいたい・・・と、いつも思う

馬返しからは前に離されないように走った。
まだまだBブロックゼッケンがチラホラ・・・

2年ぶり、その間の試走無しなので全くコースを覚えていない。
五合目までかなり飛ばしてきたつもりだったがタイムは思った程では無かったのが残念・・・
でも、恐らくBブロックゼッケンでの五合目到着は多分2~3人目だと思う。多分ね。

飛ばし過ぎてもう五合目で走りきった感になっちゃって、ココから先は全くペースが上がらない。
富士山の砂利道はホント苦手・・・ドンドン抜かされる。
せっかく抜いてきたBブロックゼッケンの選手にも何人も抜かれた・・・

七合目位からの岩場は好き
脚だけではなく手も使えるので楽できる。

八合目辺りでは腰が痛くなってきてしまってペースも落ち始める

五合目から何十人と抜かれた。

「山頂まで500m!」
「あっファントレイル。がんばって!」
そんなありがたい応援をいただいた時には既に3時間30分オーバー

あわよくば30分・・・なんて やっぱり無理でした・・・

せめて40分切りを目指して残りラストスパート!

数分でスパート売り切れ・・・山頂まだ?

「最後のコーナーだよ!」の言葉を信じて再度スパート!
数人を追い抜きヘロヘロでゴール!

結局ZENSUKEさんに行ける!と言われ突っ込んでみましたが、全然ダメでした~(涙)
富士山はやっぱり甘くないな・・・
ZENSUKEさん またしごいて下さい。

ベンチに崩れ落ちる事数分・・・寒!

寒過ぎて大好きなコーラを飲めなかった。

売店でHOTのお茶代400円を支払った。
グツグツている鍋からトングにて取り出されたお茶。
「素手で持つとヤケドするから気をつけて!」って熱過ぎ!

寒さ対策は何にも持ってきてなかったので、これ以上長居するとホント帰れなくなると思って
山頂を後にしました。

過去の2大会は帰りの下りは楽しめたのですが、今年はシューズがボロボロ過ぎて、穴から石はガンガン入るし
ソールのスポンジは半分以上欠損していてクッション性が無いに等しかったので足への衝撃が半端無い

物凄く長かった。

五合目荷物受け取り場ではランニコ部メンバー新子さんにお声をかけていただきました。
見つけていただきありがとうございました。

5合目バスにはスムーズにゆったり乗れて直ぐ出発

富士北麓公園では吉村さんが待ってくださっていました。
吉村さん、前田さん と3人で金券使ってお昼ご飯

吉村さんスタート前会えなかったのでモヤモヤしていましたが、
まさか待っていて下さるなんて思ってもみませんでした。
ありがとうございました。

日差しも暑いし、疲れもピーク
1時30分には会場を後にして鐘山グラウンド行きのバスに乗って駐車場へ

軽く水を浴びて群馬に帰りましたとさ・・・
帰宅は5時
寝不足での3000m激坂はチョットハードでした~。

流石にボロ過ぎてベアフットレベルのNOサポートでした。
クッション性ゼロ
お世話になったフェザーRK2 ボロボロで富士山の砂まみれですが もう洗う事はありません。
いままでありがとう。
ボロシューズ

五合目
五合目

コメントの投稿

非公開コメント

No title

乙です。ゴール後、辺りを見回し、しばらく待っても見つけられず。
寒くて下山してしまいました。
来年はAブロックでゆったりとスタート待ちできそうですね。
次戦は10月末でランなので、トレーニング計画あれば
お声かけくださいませ。

ZENSUKEさん

流石の力走素晴らしいです。
やっぱりZENSUKEさん強い!
私は五合目から全然ダメ。
七合目までで抜かれ過ぎてしまいました。
あの砂利の疲れない歩き方教えて下さい。(笑)

ナイスラン!!

やはりめちゃくちゃ速かったですね。
背中すらお見かけしませんでした(笑)
やはりあの五合目を1:50切りは自分には不可能だと思います。
Aブロック入りおめでとうございます!
私は永遠のBブロッカーとして頑張ります(*^^*)

こちらもやっと記事が出来上がりやっと富士登山競走が終わりました。

このRK2はほんとすごい。
自分のよりもはるかにボロかったのに、綺麗に手入れされていて洗われて色褪せていて素敵でした。
かかとがあんな砕け方するなんて知りませんでしたよ(笑)

でも俺のRK2の後ろには「2WD」と書かれているので俺のはもしかしたら偽物かも、、、

ランニコ部 hoshisakai さん

酒井さん 4時間切りナイスガッツでした。
ブログも楽しく読ませていただきました。
私はバカなので酒井さんの熱いブログの感想を、言いたい事は沢山あるのに、うまく言葉にできなくて・・・
部員のみんなもそれぞれドラマがありましたね。

私はと言うと・・・ブログに書いてない心境がありまして・・・
1時間50分切り狙って潰れるの覚悟でスタートダッシュかけました。
思ったよりも早く通過することができ、上出来過ぎて安堵から闘争心が半減してしまい
気持ちの切り替え、リスタートに時間がかかってしまいました。
六合目から七合目までは抜かれまくり・・・
五合目までの貯金でどうにか山頂ゴール・・・

タイムはPBを6分更新の良い結果だったのですがレース終わって冷静になって考えてみたら
剥き出しの「Aグループ」への執着心がダサ過ぎて・・・カッコ悪くて・・・
せっかくの富士登山競走を楽しめなかったのが くやしくて思い出すと切なくなります。

良い結果出してもストレスが溜まっては意味が無い。

大会の余韻でうまい酒を飲む為に走る!
今年の富士登山競走は苦いビールとなってしまいましたので
ハセツネでは失敗を繰り返さないように楽しみます。

酒井さんの「できないことを見つけてできるようにすること。」沁みました。

私は一人ロング走が苦手なのでそんな酒井さんの挑戦、いつも「すごいな~」って思っています。
苦手分野にも挑戦して、楽しみながら良い結果をだせるようにがんばります。
プロフィール

乱猿

Author:乱猿
群馬県太田市在住で2017年で40歳
【走る事】【陸上競技】に 全く興味も
経験も無かったオッサンが2011年より
突然走る事に目覚め 更には
トレイルランニングにも手を出す始末。
ハセツネSUB12→SUB11を目標に日々トレーニング。

カテゴリ
カレンダー

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


アクセスカウンター
リンク